リップル(XRP)に対する集団訴訟が米国で実施!XRPは証券に該当するのか?

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(伊藤忠商事や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!アプリもシンプルで使いやすく、初心者にはおすすめの販売所です!※ディーカレットは取引所のサービスも開始しました。

リップル(XRP)に対する集団訴訟が米国で実施

アメリカの法律事務所であるテイラー・コプランドが、未登録証券を売却していることを理由に、リップルの運営会社であるリップルラボ社に対して、集団訴訟を行ったことが明らかになりました。

 

今回の訴訟は、リップル、子会社のXRPⅡ、リップル社のCEOであるBrad Garlinghouse氏に対して行われ、「リップル社のXRPトークンの販売は、米国証券法を違反している」と申し立てをしています。

 

個人の原告であるRyan Coffey氏は、「1月5日に650XRPを購入し、1月18日にUSDT(USドルと価格が紐づいているペッグ通貨)と交換し、その後USドルに交換し、30%以上の損失を受けた」ことが訴状によって、明らかにされています。

 

「リップルラボ社による宣伝活動」、「リップルに対する好意的な記事」、「CEOであるBrad Garlinghouse氏の仮想通貨会議への出席」など、XRPに対する前向きな要因が多かったため、原告はXRPへの投資により自身がお金を失うことを期待していなかったという点が、訴訟の主なポイントの1つになります。

 

また原告側は、以下の3点の主張も行っています。

①被告は証券法とカリフォルニア州企業法のどちらにも違反している
②数が多すぎるため、訴訟の併合は不可能であるが、弁護士費用・訴訟費用・損害賠償の支払いを求める
③裁判所がXRPの売却は未登録証券の販売であると宣言し、被告がさらなる証券法違反をするのを防ぐべき

リップル側は原告側の主張に反論

リップル社の広報担当者であるTom Channick氏は、コインテレグラフに対して、以下のように回答をしています。

 

「私たちは集団訴訟に関する弁護士のツイートを訴状の送達はされていません。民事訴訟手続きと同様に、適切な時期に主張に実態があるのかどうかを評価します。

 

XRPが証券かどうかは、SEC(米国証券取引委員会)が決定することですが、私たちはXRPが証券に分類されるべきではないと信じ続けています。

 

XRPは、CFTCの元会長であるゲリー氏が「有価証券に分類される可能性がある」と発言し、話題になっていました。XRPが有価証券に分類された場合、SECの認可を受けている取引所でしか扱うことしかできなくなるため、アメリカでは取引することができなくなる可能性があります。

 

参考記事:ETHやXRPが米国取引所で取引不可になるかも?有価証券に分類される可能性を指摘

 

 

XRPが証券に分類されるかどうかは、価格にも大きな影響を与えると考えられるため、今後の動向には注視していく必要があるでしょう。

リップルの他の最新ニュースを読みたい方は、【リップル(XRP/Ripple)のニュース、最新情報まとめ】を参考にしていただければと思います。

 

 

リップルの関連記事
特徴、仕組みリップル(Ripple/XRP)とは?特徴や仕組み
将来性リップル(XRP)の将来性、今後の価格はいくらまで上がる?
取引所、買い方リップル(XRP)の取引所おすすめランキング!買い方や購入方法
ウォレットリップル(XRP)のおすすめのウォレット!日本語対応や安全性で比較!

 

 

 Class Action Lawsuit Against Ripple Alleges Sale Of Unregistered Securities
参考記事はこちら

▼CoinMedia編集部おすすめ!初心者必読の記事はこちら!

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。



 



おすすめの記事