ブロックチェーン

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやお得情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!
LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェックサイドバナー

大手企業IIJグループが運営、伊藤忠商事や電通グループも出資!満を持してオープンした国内販売所。取引手数料無料!
仮想通貨取引量国内No.1・セキュリティ国内No.1!
ワンタップで買える販売所のスプレッドが業界最狭クラス!
人気銘柄リップルの購入ができる!
一部上場企業GMOインターネットのグループ会社が運営。キャンペーンを頻繁に開催!アプリ『びっとれ君』も大人気。

ビットコインの分岐が一般的なものに

2017年8月にビットコイン(BTC)から分岐(ハードフォーク)して、ビットコインキャッシュ(BCH)が誕生して以来、ICOと同じくらいビットコインの分岐は一般的なものになっています。

 

 

特に2018年に入り、知名度の高いビットコインの名前に便乗して、多くの企業がお金を稼ごうとしており、ビットコインの分岐は最新のトレンドにさえなっています。

2018年は50種類以上のビットコインの分岐が予想される

2017年にはビットコインキャッシュだけではなく、ビットコインゴールド(BTG)などの19種類ものビットコインから分岐してコインが誕生しました。

 

しかし、Autonomous Research社のFintech戦略のグローバルディレクターのLex Sokolin氏によると、「2018年はそれを上回る50種類以上のコインが、ビットコインから分岐する」と予想されています。

 

このことは仮想通貨市場にも大きな影響を与えると考えられており、「ビットコイン、ビットコインキャッシュともに分岐を続け、10%の価値が分岐したコインへと振り分けるだろう」と、 ヘッジファンドのマネージャーであるAri Paul氏はツイートしています。

ビットコインのブロックチェーンが分岐する理由は単なる金儲けか

ブロックチェーンが分岐する理由は様々で、ビットコインキャッシュのように、「スケーラビリティ問題」などのビットコインの弱点を改善する目的で作られることもあれば、単なる金儲けが狙いであることもあります。

CoinomiのCEOであるGeorge Kimionis氏は、現在起こっているフォークについて、次のように指摘しています。
不幸なことにほとんどのフォークプロジェクトは、単なる金儲けが目的だ。数年後の未来に振り返ってみたとき、ブロックチェーンのエコシステムに寄与するための真っ当な試みというよりは、フォークコインは価格上場に目がくらんだ投資家達によって、生み出された単なる変異体に過ぎないことに気が付くかもしれない。」

 

ニュースになり話題になった、ビットコインゴールドやビットコインダイヤモンドすら、ブロックチェーンの環境に多くを加えることができたとは言い難く、ビットコインキャッシュでさえ、Bitmain社のCEOであるジハン・ウー氏ロジャー・バー氏による、金儲けとの関係が指摘されました。

 

ブロックチェーンを改善しようとする試みと、ビットコインの知名度を利用した金儲けの境界線は非常に曖昧であると考えることができるでしょう。

 

Bitcoin to Get Severely Forked in 2018
参考記事はこちら

LINE@バナー_648_200

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【急上昇!】コインチェック(coincheck)


東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【1位】ディーカレット


大手企業IIJグループが運営の安心感。取引手数料無料!



【2位】ビットバンク


仮想通貨取引量国内No.1・セキュリティ国内No.1!中級者以上に人気の取引所!

【3位】GMOコイン


一部上場企業GMOインターネットグループのグループ会社で安心・安全!販売所形式で初心者でも簡単にリップルなどの人気銘柄の売買ができる!



おすすめの記事