公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやICO情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!
LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェックサイドバナー

現在口座開設で1,000円相当もらえるキャンペーン中!
大手企業IIJグループが運営、伊藤忠や電通も出資!満を持してオープンした国内取引所。取引手数料無料!
仮想通貨取引量国内No.1・セキュリティ国内No.1かつ取引手数料が無料!
リップルやイーサリアムなどのアルトコインの手数料が無料!
人気銘柄リップルの購入ができる!
一部上場企業GMOインターネットのグループ会社が運営。キャンペーンを頻繁に開催!アプリ『びっとれ君』も大人気。



コインチェック(Coincheck)で二段階認証をしておく重要性

コインチェック(Coincheck)で、仮想通貨、ビットコイン取引を始める前に必ず二段階認証を設定しておくことが大切です。

 

仮想通貨取引が活発になるにつれ、不正ログイン、不正送金による被害も高まっています。「取引所のウォレットに仮想通貨をいれておいたら、気が付いたときに全部不正送金されてなくなっていた」ということにならないように、必ず二段階認証の設定をしておきましょう。

 

また、二段階認証をしても不正出金を完全に防ぐことができる訳ではありません。しかし、コインチェックとビットフライヤーの国内取引所2社では、二段階認証をしていた場合に限り、不正ログイン被害への補償制度を設けています。

 

万が一の際に補償を適用してもらうためにも、必ず二段階認証の設定をするようにしましょう。

コインチェック(Coincheck)の登録で分からないことがあったら【コインチェック(Coincheck)口座開設、登録、本人確認方法】を参考にしてください。  

コインチェックビットフライヤー
補償上限金額100万円A.500万円
B.10万円
補償条件二段階認証をしているA.二段階認証をしており、かつ預かり資産合計が円換算で100万円を超える
B.二段階認証をしており、かつ預かり資産合計が100万円を超えない

 

 

コインチェック(Coincheck)の二段階認証のやり方

二段階認証を設定できる画面に移動する

二段階認証の設定を行う際は、パソコンで設定した方が楽であるため、まずはパソコンでコインチェックのアカウントにログインします。

次に下の画像のように、「設定」→「二段階認証」→「設定する」を順にクリックします。

コインチェック二段階認証_01

 

「Google Authenticator」を使って、二段階認証の設定をする

コインチェックの二段階認証には、「Google Authenticator」というアプリが必要になりますので、iOSを利用している人はAppStore、Androidを利用している人はGoogle Playからインストールします。

 

無事インストールできたら、「Google Authenticator」を開き、「バーコードをスキャン」をクリックします。

コインチェック二段階認証_04

 

するとバーコードを読み取る画面に移動しますので、二段階認証の設定画面に表示されている、バーコードを読み取りましょう。

バーコードを読み取ると、「Google Authenticator」に6桁の数字が表示されるため、その数字を入力してください。

コインチェック二段階認証_03

問題なく二段階認証の設定ができると、下の画面のように、「設定済みです」と表示されます。

コインチェック二段階認証_06

 

紛失や機種変更に備えて、二段階認証の設定前に16桁の数字をメモしておく

また、「Google Authenticator」ばバックアップを取ることができないため、もしスマホを紛失してしまったり機種変更をしたときには、6桁の数字を確認する手段がなくなってしまい、アカウントにログインすることができなくなってしまいます。

 

そういった事態に備えて、アカウントに戻るための16桁の数字を二段階認証の設定を完了する前に、メモしておくようにしましょう。

(二段階認証を設定した後は、この数字が見えなくなってしまいます。万が一メモを忘れて二段階認証をしてしまった人は、一旦、二段階認証を解除して、再度設定するようにしてください。)

 

コインチェック(Coincheck)の二段階認証の解除方法

再度「Google Authenticator」を開き、表示されている6桁の数字を入力すれば、二段階認証の解除ができます。

「Google Authenticator」に表示される6桁の数字は、30秒経過するごとに変化しますので、都度確認してそのときに表示されている6桁の数字を入力するようにしましょう。

コインチェック二段階認証_07

二段階認証を設定した後にログインする方法

二段階認証を設定した後にアカウントにログインする場合は、通常のメールアドレスとパスワードの情報を入力した後に、「二段階認証のパスコード」を入力する必要があります。

このパスワードは、「Google Authenticator」に表示される6桁の数字になりますので、スマホアプリを開いて都度確認して入力するようにしましょう。

先ほども記載しましたが、「Google Authenticator」の6桁の数字は、30秒ごとに変化しますので、「パスワードが間違っています」と表示されたときは、数字が変化している可能性がありますので、再度数字を確認するようにしてください。

コインチェック(Coincheck)の登録で分からないことがあったら【コインチェック(Coincheck)口座開設、登録、本人確認方法】を参考にしてください。  

 

コインチェックの関連記事一覧

 

コインメディアのLINE@のミドルバナー②

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【急上昇!】コインチェック(coincheck)


東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【1位】ディーカレット


現在口座開設で1,000円相当もらえるキャンペーン中! 大手企業IIJグループが運営の安心感。取引手数料無料!

ディーカレット

【2位】ビットバンク


ビットコイン、アルトコインの取引手数料が無料!中級者以上に人気の取引所!

【3位】GMOコイン


一部上場企業GMOインターネットグループのグループ会社で安心・安全!販売所形式で初心者でも簡単にリップルなどの人気銘柄の売買ができる!



おすすめの記事