リップルアイキャッチ

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやお得情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(JR東日本や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!
アプリもシンプルで使いやすく、売買手数料も無料なので初心者にはおすすめの取引所です!

SWELL前日にRippleNet(リップルネット)委員会の発足を発表!

10月1日、2日にサンフランシスコで開催されるリップル社のカンファレンス「SWELL2018」の前日の9月30日に、RippleNetの健全な運営とネットワークの拡大を目指した「RippleNet委員会」を結成が発表されました。

 

RippleNet(リップルネット)とは、銀行、送金業者、仮想通貨取引所や事業会社をリップル(XRP)を中心にまとめたネットワークです。RippleNetに接続することで、国際送金の送金スピードが飛躍的に速くなり、より低コストで送金することが可能となります。従来の国際送金(SWIFT)は非常に高いコストと時間が掛かるため、SWIFTに取って代わる国際送金方法として期待されています。

 

RippleNetにはすでに世界の金融機関が100以上提携しており、リップルネット委員会では各銀行の代表がリップル社の本社に集まり、RippleNetの健全な運営とネットワークの拡大を目指し、ネットワーク内のルール作りなどについて話し合ったと発表されています。

 

日本からは三菱UFJ銀行とSBIホールディングスが参加し、他国からはバンク・オブ・アメリカ・メリルリンチ(米)、アメリカン・エキスプレス(米)、ウエストパック銀行(豪)、スタンダード・チャータード銀行(英)、サンタンデール銀行(西)、サイアム商業銀行(泰)などの世界の大手金融機関が参加しました。

 

委員会は、今後も年に数回の会合が予定されており、RippleNetのルール整備を行うために積極的に活動していく予定とされています。

 

また、リップルの最新情報やその他のニュースについて知りたい方は、【リップル(XRP/Ripple)のニュース、最新情報まとめ】を参考にしてください。

 

リップルの関連記事
特徴、仕組みリップル(Ripple/XRP)とは?特徴や仕組み
将来性リップル(XRP)の将来性、今後の価格はいくらまで上がる?
取引所、買い方リップル(XRP)の取引所おすすめランキング!買い方や購入方法
ウォレットリップル(XRP)のおすすめのウォレット!日本語対応や安全性で比較!
LINE@バナー_648_200

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。取引手数料無料!



 



おすすめの記事