リップル社幹部「米トランプ政権と定期的に議論している」と発言!

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやお得情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(伊藤忠商事や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!アプリもシンプルで使いやすく、初心者にはおすすめの販売所です!※ディーカレットは取引所のサービスも開始しました。

リップル社幹部「米トランプ政権と定期的に議論している」と発言!

Ripple社のマーケティング責任者Cory Johnson(コリー・ジョンソン)氏がトランプ政権と定期的に議論していることをBreaker社のインタビューで明らかにしました。

 

Johnson氏いわく、トランプ政権はビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)といった主要通貨のマイニングに関して中国が大半のシェアを持っていることを危惧している。ビットコインは中国のマイニングシェアが約80%を握っています。こういった現状を危惧していると述べています。一方で、XRPはマイニングが不要なため、海外からの操作や外圧を受けることがないなどビットコインとは大きく性質が異なると述べた上で、「トランプ政権はこの性質の違いが非常に重要なものだと理解しているはずだ」と応えています。

 

つい最近アメリカの大学教授らはレポートで「ハッシュパワーが集中している中国がビットコイン(BTC)の最大の脅威になる」可能性があると警鐘を鳴らしています。

 

また、今月1日、2日にリップル社が開催した「SWELL 2018」でクリントン元大統領がスピーチに登壇し、「金の卵を産むガチョウを殺してはならない」と発言し、仮想通貨を肯定的なイノベーションと捉えるべきだと述べたことが記憶に新しいですが、トランプ政権も必ずしも否定的な態度をとるわけではなく、適切に状況を見極めて対応を行っていく様子であることがJohnson氏の発言から伺えます。

XRPの証券分類問題について

以前から注目を集めている議論として「XRPは証券に該当するのかどうか」という問題があります。「インタビューの中で、有価証券分類問題について「SECがXRPについてどう考えているか?いつ言及がなされるか?」という質問に対して、Johnson氏は「そもそもSECがいつまでも言及しない可能性がある」と答えています。その理由として「SECは必ずしもすべての仮想通貨に対して有価証券に該当するかどうかを決めたいと思っているわけではないはずだ」と述べています。

また、リップルの最新情報やその他のニュースについて知りたい方は、【リップル(XRP/Ripple)のニュース、最新情報まとめ】を参考にしていただければと思います。

 

リップルの関連記事
特徴、仕組みリップル(Ripple/XRP)とは?特徴や仕組み
将来性リップル(XRP)の将来性、今後の価格はいくらまで上がる?
取引所、買い方リップル(XRP)の取引所おすすめランキング!買い方や購入方法
ウォレットリップル(XRP)のおすすめのウォレット!日本語対応や安全性で比較!

 

参考記事はこちら

LINE@バナー_648_200

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。



 



おすすめの記事