ICOのソフトキャップとハードキャップの違い

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやICO情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!
LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェックサイドバナー

現在キャンペーン中!
大手企業IIJグループが運営、伊藤忠や電通も出資!満を持してオープンした国内取引所。取引手数料無料!
仮想通貨取引量国内No.1・セキュリティ国内No.1かつ取引手数料が無料!
リップルやイーサリアムなどのアルトコインの手数料が無料!
人気銘柄リップルの購入ができる!
一部上場企業GMOインターネットのグループ会社が運営。キャンペーンを頻繁に開催!アプリ『びっとれ君』も大人気。

ICOのソフトキャップとハードキャップとは?

現在セール開催中の注目ICO
ビットコインを積み上げたお金アイコンキャップコイン(CAP COIN)仮想通貨取引所でのIEO直前のセカンドプレセール実施中(2019年10月中旬まで)
「ブロックチェーン×AIを利用した著作権の保護」「アダルト業界のコンテンツ制作への貸付」などが目的!
プレセールでの購入・保有者には、以下の実業における配当が永続的に付与されます。(ホワイトペーパーによると年利20%予測)
ブレイブサウンドトークン(BRST)BIGBANGや超新星などのプロデュースも行なう韓国超有名プロデューサーBrave Brotherが率いるICOプロジェクト
トークンを使用してアーティストに対する音楽ダウンロードの支払いや、様々な購読・商品の購入が可能に。
※プロジェクトの概要やトークンの買い方は、【ブレイブサウンドトークン(BRST)とは?登録方法、評判、口コミを徹底解説!】を参考にしてください。
ロボットアイコン2エンジェリウム(ANGELIUM)
映画「マトリックス」のアーティストなど豪華な運営チームで話題!
※プロジェクトの概要やトークンの買い方は、【仮想通貨ICO、ANGELIUM(エンジェリウム)とは?買い方、購入方法、評判、特徴】を参考にしてください。

仮想通貨ICOに投資をしていると「ソフトキャップ」と「ハードキャップ」という言葉をよく目にしますが、この用語を知らないとICO投資において思わぬ損を招く可能性があるので、基本知識として知っておきましょう。

ソフトキャップとハードキャップの意味
ソフトキャップ:ICO成功の最低水準
ハードキャップ:ICOの上限調達額

「ソフトキャップ」とは、「ICOプロジェクトの継続に必要最低限の資金調達量」のことで、ソフトキャップに到達すると一般的に「ICOは成功」と言われます。逆にソフトキャップに到達しない場合、ICOプロジェクトはそこで頓挫し、基本的にそれまで集まった出資金は出資者に返金されるようになっています。

 

一方で「ハードキャップ」とは、「ICOの上限調達金額」のことです。1000万ドル(10億円)をハードキャップに設定しているICOプロジェクトの場合、1000万ドルに到達したタイミングでそのコインを購入することが出来なくなります。過去には、BAT(Basic Attention Token)がICOした際に、わずか24秒で38億円のハードキャップに到達し、売り切れることがありました。

 

直近のICO案件のソフトキャップとハードキャップの金額・発行量をまとめました。基本的にハードキャップで設定している「上限調達金額」の10%達成額をソフトキャップに設定しているICO案件が多いです。

 

注目ICO案件のソフトキャップ・ハードキャップ
ICO案件名ソフトキャップとハードキャップ
MOOVERソフト:500万ドル(5億円)

ハード:5000万ドル(50億ドル)

Fountain Connectソフト:400万ドル(4億円)

ハード:4000万ドル(40億円)

LODEソフト:1000万ドル(10億円)

ハード:6000万ドル(60億円)

BANKERAソフト:1,000,000,000BNK(23億円)

ハード:10,000,000,000BNK(235億円)

Rentberryソフト:300万ドル(3億円)

ハード:3000万ドル(30億円)

SocialMedia.Market
(SMT)
ソフト:-(到達済)

ハード:16000万ETH(16億円)

 

当サイト注目のICO案件を知りたい方は、当サイトの掲載する【2018年注目の仮想通貨ICOおすすめランキング】をご覧ください。

LINE@バナー_648_200

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【急上昇!】コインチェック(coincheck)


東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【1位】ディーカレット


大手企業IIJグループが運営の安心感。取引手数料無料!



【2位】ビットバンク


ビットコイン、アルトコインの取引手数料が無料!中級者以上に人気の取引所!

【3位】GMOコイン


一部上場企業GMOインターネットグループのグループ会社で安心・安全!販売所形式で初心者でも簡単にリップルなどの人気銘柄の売買ができる!



おすすめの記事