ニューヨーク州がZcashを公式に承認!匿名通貨への追い風となるか!

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(伊藤忠商事や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!アプリもシンプルで使いやすく、初心者にはおすすめの販売所です!※ディーカレットは取引所のサービスも開始しました。

ニューヨーク州が匿名通貨の取り扱いを承認

ニューヨーク州の金融監督局が、公式に匿名通貨Zcashの取り扱いの承認を行い、仮想通貨交換業のライセンスを持つ取引所である「Gemini」は、Zcashの取り扱いを開始しました。

 

Zcashとは、「ゼロ知識証明」を利用することで、匿名通貨の中でもトップクラスの匿名性の高さを有している仮想通貨になります。Zcashについてさらに詳しく知りたい方は、【Zcash(ジーキャッシュ/ZEC)とは?特徴や仕組み、将来性や今後の価格を徹底解説】を参考にしてください。

 

また、今回の一連の動きは、MoneroDash、PIVX、Vergeなど、他の匿名通貨にも大きな影響を与える可能性があり、匿名通貨に注目が集まっています。

 

GeminiのVP of Engineering(エンジニア組織の実質的なトップ)のEric Winer氏は、今回のZcashの取り扱いを開始したことについて、以下のように述べています。

 

「規制を確実に行い、監督することは、イノベーションを育てること、消費者を保護することの両面において、非常に大切なことです。私たちは、顧客に対して、Zcashの売買や保管ができる安全で規制されたプラットフォームを提供できることを嬉しく思っています。

 

Zcashのプロトコルが最先端のゼロ知識証明を利用することで、Zcashは、P2P取引に対して機密性を提供する革新的な匿名通貨になっています。」

 

また、ニューヨークの金融監督局は、Zcashのブロックチェーンがどのように機能するのかを詳述する以下のような声明を出しています。

 

「Zcashのネットワークは、公開された取引と保護された取引の2種類をサポートしています。公開された取引は、ビットコインと同様に、取引の残高と金額がブロックチェーン上に公開されます。

 

一方、保護された取引は、zから始まるアドレスを使用し、完全に非公開になっており、zから始まるアドレスに関連付けられた取引は、パブリックブロックチェーンに表示されません。」

 

日本では、コインチェックが匿名通貨の廃止を決定するなど、逆風が吹いていますが、世界的にも大手取引所であるHuobiが、Moneroを上場させるなど、匿名通貨に再び注目が集まるようになってきています。

 

 

また、今回Geminiで取り扱いが開始された、Zcashを購入することができる取引所について詳しく知りたい場合は、【Zcash(ジーキャッシュ/ZEC)におすすめの取引所、買い方、購入方法を解説】を参考にしてください。

 

 

Crypto Breakthrough: New York State Approves Privacy Coin Trading
参考記事はこちら

▼CoinMedia編集部おすすめ!初心者必読の記事はこちら!

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。



 



おすすめの記事