日経新聞が国連報告書を独自入手。コインチェックの巨額流出は北朝鮮のハッカー集団による攻撃か

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやお得情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(伊藤忠商事や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!アプリもシンプルで使いやすく、初心者にはおすすめの販売所です!※ディーカレットは取引所のサービスも開始しました。

本日18時、日経新聞が「国連安全保障理事会で対北朝鮮制裁の履行状況を調査する専門家パネルが月内にも公表する報告書の全容が明らかになった。」とし、報告書に添付された資料の中では2018年1月のコインチェックの巨額流出に関しても記載があったとのことです。

 

その他にも、北朝鮮は2017年1月から18年9月にかけて、日本や韓国などのアジアの仮想通貨交換業者に対して5回以上は攻撃を成功させているとのこと。

その被害総額は推計で5億7100万ドル(約634億円)にのぼっています。

 

上記のように、"コインチェック"と具体名が出ていることから、過去のZaifへのハッキング事件や、韓国の大手仮想通貨取引所Bithumb(ビッサム)のハッキング事件なども、今後明らかになってくることも考えられます。

 

参考記事はこちら

北朝鮮、仮想通貨5億ドル超奪う 国連報告独自入手【イブニングスクープ】
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO42204450Y9A300C1MM8000/?n_cid=SNSTW001

LINE@バナー_648_200

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。



 



おすすめの記事