SECが運用会社ディレクシオンのビットコインETFの承認可否決定を9月に延期へ

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやお得情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(伊藤忠商事や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!アプリもシンプルで使いやすく、初心者にはおすすめの販売所です!※ディーカレットは取引所のサービスも開始しました。

SECが運用会社ディレクシオンのビットコインETFの承認可否決定を9月に延期へ

SEC(米国証券取引委員会)は、アメリカの運用会社ディレクシオンが提出した5つのビットコインETFを承認するかどうかの決定を、9月まで延期することが明らかになりました。

 

ディレクシオンが提出しているビットコインETFのうち1つは、ビットコイン価格に合致するもので、残りの4つは仮想通貨の値動きに基づくものになっています。

 

「委員会は、提案されたルール変更を承認、もしくは非承認にする命令を発行するために、より長い期間を指定することが適切であると判断しています。したがって、2018年9月21日までに、SECは提案されたルール変更の承認、もしくは非承認を行います。

 

また、SECはディレクシオンによって提案されたETFに関して、わずか2件のコメントしか受け取っていないことを付け加えています。

 

その一方で、VanEck社とSolidX社によって構築され、CBOEによって申請されたビットコインETFの提案については、現在仮想通貨コミュニティで議論されており、提案に対して100を超えるコメントが提出されています。

 

こちらの延期については言及されていないため、翌月早々に決定がでる可能性もあるとされています。CBOEのビットコインETF申請について詳しく知りたい方は、【世界有数のデリバティブ取引所、CBOEがビットコインETFを申請!】を参考にしてください。

 

また、そもそもビットコインETFとは何かということを知りたい方は、【ビットコインETFとは?上場承認はいつになるのかを分かりやすく解説!】を参考にしてください。

 

SEC Delays Decision on Asset Manager's Bitcoin ETFs Until September
参考記事はこちら

LINE@バナー_648_200

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。



 



おすすめの記事