MyEtherWallet

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやお得情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(JR東日本や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!
アプリもシンプルで使いやすく、売買手数料も無料なので初心者にはおすすめの取引所です!

MyEtherWalletから215ETHが流出!

MyEtherWalletの公式ツイッターによって、4月24日に複数のDNSサーバーがハッキングされ、MyEtherWalletにアクセスしたユーザーが、一時的にフィッシングサイトにリダイレクトされたことが明らかにされました。

 

(現在は正常に戻っており、24日にMyEtherWalletにログインしていない人の被害はありません)

 


結果として、フィシングサイトに秘密鍵を入力してしまった、ユーザーのイーサリアムが合計で215ETH不正に送金されています。

 

MyEtherWalletハッキング履歴

今回のハッキングは、MyEtherWalletの脆弱性によるものではなく、一般向けのDNSサーバーの脆弱性をハッカーが発見したためであるとされています。

 


今回被害を受けた人は、MyEtherWalletを模倣した悪意のあるサイトにアクセスしたときに、ポップアップされるSSL警告のボタンを無視した可能性があるとされています。

 

公式ツイッターは、改めて「MyEtherWallet Inc [US]」と書かれたSSL証明書を確認することの必要性を訴えています。

 

ブックマークしたMEWからログインしても安全とは限らない

今回の事件は、「ブックマークしているMEWからログインしても必ずしも安全であるとは限らない」ことが改めて明らかになった形になります。

 

公式ツイッターでもMyEtherWalletをローカル環境で使用することや、ハードウェアウォレットを利用することが推奨されています。

 

 

MyEtherWalletの使い方については、【MyEtherWallet(マイイーサウォレット)の使い方・始め方・登録方法】でも詳しく説明していますので、こちらも参考にしてください。

LINE@バナー_648_200

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。取引手数料無料!



 



おすすめの記事