• 2018年ICOおすすめランキングの画像 ICO
    【仮想通貨ICO】2018年おすすめランキング!注目案件を一覧で紹介!
    2018年1月29日
  • 仮想通貨おすすめランキングの画像 仮想通貨
    仮想通貨おすすめランキング!人気銘柄を時価総額・将来性で比較!
    2017年12月22日
  • 海外取引所おすすめランキングの画像 取引所
    海外の仮想通貨取引所18社を比較!おすすめランキング!
    2018年1月6日
  • 仮想通貨取引所ランキングの画像 取引所
    【仮想通貨取引所おすすめランキング!】人気の仮想通貨・ビットコイン取引所25社を一覧比較
    2017年12月12日
MOOVER_LP

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所ランキングはこちら!
大切な資産を失うリスクがあるため、必ず複数の取引所に登録しておきましょう!

金王冠bitFlyer(ビットフライヤー)セキュリティが世界一!
ビットコイン取引量がNO.1の取引所。取引量が多く、BTCFXもできるため、初心者から中級者以上までおすすめ!
GMOコイン人気銘柄リップルの購入ができる!
一部上場企業GMOインターネットのグループ会社が運営。リップルやライトコインといった人気銘柄を購入できる!
銅王冠Zaif取引手数料の安さNo.1!
ビットコイン現物手数料がマイナスで、取引の度にビットコインがもらえる!手数料を気にする人は登録必須!
ビックリマークBinance100種類以上のアルトコインの購入ができる全銘柄の手数料が0.10%!
100種類を超える種類のコインを、0.1%という格安の手数料で購入できるおすすめの海外取引所!

MOOVER(ムーバー)とは?プロジェクトの概要、特徴

※MOOVERの第2フェーズは、2018年2月1日から行われていましたが、1500万ドルの調達に成功し、2月12日に終了しました。第3フェーズは、2018年4月1日から開始されます。

MOOVERの第3フェーズ開始までは、LODEなどの開催中の注目ICOのチェックをおすすめします。

 

LODE_LP
LODE(ロード)とは?買い方、購入方法、評判、口コミを徹底解説!【仮想通貨ICO】
LODE(ロード)とは?プロジェクトの概要、特徴 LODEとは、「金現物取引に関する課題の解決」を目指しているプロジェクトになります。 金は安定資産であるため、資産を金で保有した...

 

MOOVERとは、通信キャリアの枠を超えたモバイル通信データのシェアを可能にして、誰もがインターネットに快適にアクセス出来るようにすることで、「世界の情報格差をなくすこと」を目指しています。

MOOVERのプロジェクト概要
・通信キャリアの枠を超えて、余ったモバイルデータをシェアができるようにすること
・誰もがインターネットに快適にアクセスできるようにし、世界の情報格差をなくすこと

通信キャリアをまたいだモバイルデータ通信量のシェアは一般的に不可能となっていて、同じ通信キャリア内でも、限定的なシェアしかすることができません。※例:ソフトバンクの携帯を利用している人が、auの携帯を使用している人にモバイルデータを分けることはできません。

 

そのため、余ったモバイルデータ通信量は無駄になっていることが多く、MOOVERはブロックチェーンを用いてこうした無駄をなくすことを目指しています。また、モバイル通信は、Wifiや固定回線がない場所でも通信ができるため、先進国はもちろん、インフラが十分に整備されていない発展途上国では大きな役割を果たしています。

 

エチオピアなどの発展途上国では、給料に対するモバイルデータ通信料金が割高であるため、人々が十分に通信を利用出来ていないという実情があり、情報格差を引き起こしています。

 

MOOVERは、UBERやAirbnbなどに代表されるシェアリングエコノミーの考え方をモバイルデータ通信において実現することで、こうした発展途上国における問題の解決をMOOVERは図ろうとしています。

MOOVERのホワイトペーパーはこちら
公式ホームページはこちら
※ICOに参加される際には、プロジェクト内容や詳細の確認、リスク等をご自身で十分に行いましょう。損失が生じた場合、当サイトは一切の責任を負いかねます

また、MOOVERで発行されるMOVEトークンの上場がすでに決定しています。詳細については、【MOOVERの取引所上場が決定!2月1日から第二フェーズが開始!】を参考にしてください。

 

MOOVER_LP
MOOVERの取引所上場が決定!2月1日から第二フェーズが開始!
MOOVER(ムーバー)の取引所上場が決定! 携帯キャリアを超えて、余ったモバイルデータをシェアを可能にすることを目指しているICO案件、MOOVERで発行されるMOVEトークンの...

イーサリアムのスマートコントラクトを利用

MOOVERは、イーサリアム(ETH)のスマートコントラクトという技術を利用しています。

 

しかし、現状の技術のままでは、取引手数料やスケーラビリティの問題から、膨大な回数の取引が想定されるモバイルデータ通信の売買に使用されるのは、難しいのではないかと考えられていますが、MOOVERチームは、ライデンネットワークという新しい技術を活用することで、この問題を解決する予定です。

特徴的なUI(ユーザーインターフェース)

MOOVERのsimカード

 

利用者はMOOVERの公式ウォレットを通して、ネットワークにアクセスしますが、MOOVERのUIは以下のような特徴的なUIとなっています。

 

  • 利用可能な残りのGBを確認できる
  • AIを活用し、算出された予測消費量を確認できる

 

モバイルデータが分かりやすく可視化されたUIを提供されることで、利用者の利便性は高いことが想定されています。

MOVEトークン

モバイルデータの売買には、「MOVEトークン」という独自トークンが使用されます。「A君がB君に余ったGBを販売する」という例で、取引の流れを見ていきましょう。

 

MOVEトークン

 

  1. 売り手(A君)と買い手(B君)のマッチング
  2. B君がA君にMOVEトークンを送信
  3. A君が通信キャリア会社C社に、GBの使用権を返却
  4. 通信キャリア会社C社は、B君が利用する通信キャリアD社にMOVEトークンを送信
  5. 通信キャリアD社は受け取ったMOVEトークン分のGBをB君に付与する

 

このように、MOVEトークンは、GBの使用権のように扱われると理解しておけば良いでしょう。

 

通信キャリアとの提携への見通し

MOOVERプロジェクトの成功には、通信キャリア会社との提携が必要不可欠です。この点に関してもMOOVERチームは、以下の理由から通信キャリアにも提携に十分なメリットがあるとの見方を示しています。

 

MOOVERの普及により、これまで高額な通信データ料金のため、携帯電話を利用することができなかった人も利用できるようになり、市場が拡大する可能性があります。市場の拡大を引き起こすことが出来れば、通信キャリアにとっても大きなメリットであるため、MOOVERとの提携が実現する可能性はあります。

MOOVER(ムーバー)のICOスケジュール

MOOVERのICO(クラウドセール)は、以下の3段階のフェーズに分かれています。また、ソフトキャップ(調達の下限金額)が500万ドルに設定されており、調達額に満たなかった場合は、ICOは失敗とされ、資金の返却が行われます。

 

フェーズ 開始 終了
フェーズ1 2017年12月1日 2500万USD到達後

24時間~14日間

フェーズ2 2018年2月1日 1500万USD到達後

24時間~14日間

フェーズ3 2017年4月1日 1000万USD到達後

24時間~14日間

 

また、各フェーズごとに、エアドロップ(トークンの無料配布)が行われる予定です。

集められた資金は、開発費、マーケティング費、セキュリティー、ユーザーサポートなどに使用されるそうです。

MOOVERのホワイトペーパーはこちら
公式ホームページはこちら
※ICOに参加される際には、プロジェクト内容や詳細の確認、リスク等をご自身で十分に行いましょう。損失が生じた場合、当サイトは一切の責任を負いかねます

 

MOVEトークンの買い方

まずは、MOOVER公式サイトにいき、「コントリビューションに参加する」をクリックします。

MOOVER買い方01

「メールアドレス」を入力し、「登録」をクリックします。

MOOVER買い方02

下のようなメールが、MOOVERから届きますので、メールに書かれたリンクをクリックします。

 

MOOVER買い方03

「姓」、「名」、「生年月日」、「言語」、「パスワード」などの個人情報を入力して、「登録」をクリックします。

MOOVER買い方04

上記までの手順が完了すると、アカウントにログインすることができるようになります。まずはセキュリティを高めるために、二段階認証の設定をしましょう。

 

左メニューにある「マイアカウント」をクリックし、「2段階認証」を選択します。二段階認証の設定は、グーグルのスマホアプリである「Google Authenticator」で行いますので、まだインストールしていない人は、インストールしておきましょう。

 

アプリを起動し、「+」ボタンをクリック、「バーコードをスキャン」を選択して、QRコードを読み取ります。すると、6桁の数字がアプリに表示されますので、「確認コード」の欄に入力し、「2段階認証を有効にする」をクリックします。

MOOVER買い方05

次に左メニューから、「トークン購入」をクリックします。以下のような画面から送金アドレスの確認を行い、ビットコインを送金して購入手続きを行います。

MOOVER買い方06

 

MOOVER(ムーバー)の評判、口コミ

現在、第1フェーズは終了してしまっていますが、2月1日から始まる第2フェーズに期待が集まっています。

 

また、MOOVER以外の2018年におすすめのICOの一覧については、【2018年仮想通貨ICOおすすめランキング!注目案件を一覧で紹介!】を参考にしてください。

 

2018年ICOおすすめランキングの画像
【仮想通貨ICO】2018年おすすめランキング!注目案件を一覧で紹介!
2018年実施のICO案件一覧 2018年に実施予定のICO案件を一覧表でまとめました。期間や概要を紹介していますので、参考にしてください。また、そもそもICOとはどんなものなのか...

 

ICOのメリット、デメリットや参加時の注意点については、【ICOとは?メリット、デメリット、IPOとの違い、参加時の注意点】を参考にしてください。

 

ビットコイン
ICOとは?メリット、デメリット、IPOとの違い、参加時の注意点を解説!
ICOとは? ICOとは、Inicial Coin Offeringの略で、独自トークンを発行し、投資者に付与することで、資金調達を行うことです。 これまで資金調達を行うには、銀行...

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

 

【1位】Zaif


モナコインや独自トークンなど、他の取引所で取り扱いが少ない期待銘柄の取り扱い!手数料が主要3社で最も安いのも魅力!

【2位】bitFlyer


取引量、資本金、ユーザー数が日本一!大手企業が多数株主として参加、500万までの不正ログイン補償があり、セキュリティが世界一と評価されるなど、安心・安全の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

【3位】GMOコイン


一部上場企業GMOインターネットグループのグループ会社で安心・安全!販売所形式で初心者でも簡単にリップルなどの人気銘柄の売買ができる!

ICOの関連記事
  • ICOのソフトキャップとハードキャップの違い
    【ICOの基本知識】ソフトキャップとハードキャップとは?意味や違いを解説!
  • ロシアがICO投資向けエスクロー制度を開始
    ロシアがICO投資向けのエスクロー制度を開始予定!ICO健全発展に繋がるか
  • スイスの画像
    スイス金融機関FINMAがICOを健全推進するためのガイドラインを作成へ!
  • LODE_LP
    LODE(ロード)とは?買い方、購入方法、評判、口コミを徹底解説!【仮想通貨ICO】
  • SocialMedia.Market
    SocialMedia.Market(SMT)とは?買い方、購入方法、評判、特徴【仮想通貨ICO】
  • Bankera
    BANKERA(バンクエラ)とは?買い方、購入方法、評判、特徴【仮想通貨ICO】
おすすめの記事