• 仮想通貨おすすめランキングの画像 仮想通貨
    仮想通貨おすすめランキング!人気銘柄を時価総額・将来性で比較!
    2017年12月22日
  • 2018年ICOおすすめランキングの画像 ICO
    【仮想通貨ICO】2018年おすすめランキング!注目案件を一覧で紹介!
    2018年1月29日
  • 海外取引所おすすめランキングの画像 取引所
    海外の仮想通貨取引所18社を比較!おすすめランキング!
    2018年1月6日
  • 仮想通貨取引所ランキングの画像 取引所
    【仮想通貨取引所おすすめランキング!】人気の仮想通貨・ビットコイン取引所25社を一覧比較
    2017年12月12日
コインチェック

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやICO情報を配信中!

友だち追加

 
▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

びっくりマークBITPointサマーキャンペーン開催中!期間限定で新規口座開設者に3000円分のビットコインプレゼント中!
東証二部上場企業のリミックスポイントの子会社が運営!5種類の取り扱いコインが手数料無料で購入できる!
金王冠GMOコイン人気銘柄リップルの購入ができる!
一部上場企業GMOインターネットのグループ会社が運営。リップルやライトコインといった人気銘柄を購入できる!
ビットバンク取引手数料が無料!
リップルやイーサリアムなどのアルトコインの手数料が無料!
銅王冠ビットバンクトレード相場下落時にも利益を出せるビットコインFXにおすすめ!
スワップポイントが無料のビットコインFXにおすすめの取引所!

元コインチェック社長、和田晃一良とは

コインチェックの代表取締役である和田晃一良氏は、1990年11月1日に埼玉県入間市で生まれで、今年で28歳になります。本人のツイッターでの発言から、実家は花屋であることがわかっています。

和田晃一良の経歴

和田晃一良氏は埼玉県にある私立西武学園文理高等学校卒業後、東京工業大学工学部経営システム工学科に入学しました。大学3年生の頃にウェブアプリ制作会社でアルバイトを始め、iPhoneやandroidアプリの制作をします。また、クックパッド主催の第3回開発コンテスト24にて優勝しました。

 

2012年6月には、知人と「STORYS.JP」の運営を開始します。このサイトは自らの人生をストーリーとして投稿する事ができるウェブサービスで、実写映画化もされたベストセラー書籍「ビリギャル」が投稿されたサイトでもあります。そして8月にコインチェック株式会社の前身となるレジュプレス株式会社を設立し、大学を中退します。

 

2014年8月から仮想通貨を取引するCoincheckサービスを開始し、11月にはビットコイン取引所Coincheck Exchangeを始めます。Coincheckは国内最多である13種類の通貨を取り扱い、国内主要取引所の1つにまで成長しました。

 

2015年に一般社団法人日本価値記録事業者協会(JADA)の監事に就任、翌年に一般財団法人日本ブロックチェーン協会(JBA)の監事に就任します。また同年にはWIRED Audi INNOVATION AWARD 2016を受賞しています。2017年には日本仮想通貨事業者協会(JCBA)理事に就任しました。

和田晃一良の資産及び年収

和田晃一良氏の資産や年収について公式には発表されていませんが、20代という若さでかなりの額を稼いでいるとみられています。

 

Coincheckの資本金はおよそ1億円になります。資本金1億円未満の中小企業役員の平均年収は約1000万円と言われているので、その額を超える年収を稼いでいたのではないかと言われています。

和田晃一良の現在

2018年1月26日、外部からの不正アクセスによりCoincheckから仮想通貨NEMが流出しました。その額は日本円に換算して約580億円に相当し、これにより取引所は一時停止の措置を取ることとなり、和田晃一良氏は一連の事件について謝罪しています。

 

コインチェックからのNEM流出事件については、【2018年1月26日、コインチェック(Coincheck)の一連の騒動まとめ】を参考にしてください。

コインチェック
2018年1月26日、コインチェック(Coincheck)の一連の騒動まとめ
1月26日に発生したコインチェックの騒動 1月26日にNEMの不正出金を端に発生したコインチェックの売買停止トラブル騒動を時系列でまとめています。 日時 出来事 1月26日 11...

 

和田晃一良氏を含めたコインチェック株式会社の経営陣は責任を取って退任する流れとなり、マネックスグループ株式会社によって買収され完全子会社となりました。

 

出資金額は36億円になるとのことです。新社長にはマネックスグループ株式会社の勝屋敏彦氏(最高執行責任者(COO))が就き、代表取締役を辞任した和田晃一良氏は新体制の執行役員として就任しました。

 

なお和田氏は、NEM流出事件後ツイッターでの発言を自粛していましたが、現在は再びツイッターを再開しています。

コインメディアのLINE@のミドルバナー②

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【急上昇!】BITPoint


新規口座開設で3000円分のビットコインがもらえる!大手企業が運営で安心&MT4搭載で初心者から上級者までおすすめ!

【1位】GMOコイン


一部上場企業GMOインターネットグループのグループ会社で安心・安全!販売所形式で初心者でも簡単にリップルなどの人気銘柄の売買ができる!

【2位】ビットバンク


ビットコイン、アルトコインの取引手数料が無料!中級者以上に人気の取引所!

【3位】bitbankTrade


価格下落時にも利益を出せるレバレッジ取引が可能!追証なし、スワップポイントが無料であるため、おすすめ!

ビットバンクトレードバナー

関連キーワード
仮想通貨用語集の関連記事
  • リプレイアタックアイキャッチ (1)
    リプレイアタック(攻撃)とは?対策や事例を徹底解説!【5分で分かる】
  • ERC20アイキャッチ
    ERC20とは?メリットや代表的なトークン一覧、対応ウォレットをまとめて紹介!
  • チャート
    黒マチャートとは?使い方や見方、設定方法を画像付きで分かりやすく解説!
  • 仮想通貨デイトレードアイキャッチ
    仮想通貨(ビットコイン)のデイトレードとは?やり方やコツ、おすすめの取引所を解説!
  • ビットコイン
    貸仮想通貨(レンディング)とは?メリットやデメリット、仕組みやおすすめの取引所を解説!
  • トークンアイキャッチ
    トークンとは?仮想通貨との違いを分かりやすく解説!
おすすめの記事