• 2018年ICOおすすめランキングの画像 ICO
    【仮想通貨ICO】2018年おすすめランキング!注目案件を一覧で紹介!
    2018年1月29日
  • 仮想通貨取引所ランキングの画像 取引所
    【仮想通貨取引所おすすめランキング!】人気の仮想通貨・ビットコイン取引所25社を一覧比較
    2017年12月12日
  • 海外取引所おすすめランキングの画像 取引所
    海外の仮想通貨取引所18社を比較!おすすめランキング!
    2018年1月6日
  • 仮想通貨おすすめランキングの画像 仮想通貨
    仮想通貨おすすめランキング!人気銘柄を時価総額・将来性で比較!
    2017年12月22日
Binanceアイキャッチ画像

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやICO情報を配信中!

友だち追加

 
▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

びっくりマークBITPointサマーキャンペーン開催中!期間限定で新規口座開設者に3000円分のビットコインプレゼント中!
東証二部上場企業のリミックスポイントの子会社が運営!5種類の取り扱いコインが手数料無料で購入できる!
金王冠GMOコイン人気銘柄リップルの購入ができる!
一部上場企業GMOインターネットのグループ会社が運営。リップルやライトコインといった人気銘柄を購入できる!
ビットバンク取引手数料が無料!
リップルやイーサリアムなどのアルトコインの手数料が無料!
銅王冠ビットバンクトレード相場下落時にも利益を出せるビットコインFXにおすすめ!
スワップポイントが無料のビットコインFXにおすすめの取引所!

Binanceのこれからの計画

Binance(バイナンス)のCEOで“CZ”の愛称を持つChangpeng Zhao氏は最近のインタビューで、今後の計画、将来の展望について語りました。CZ氏は金融ニュース出版社であるThe StreetのJordan French氏と、ブロックチェーンや仮想通貨に関する多くの問題について具体的に語りました。

 

CZ氏はさまざまな企業が仮想通貨市場に投資している最近の状況について多くの意見を述べました。下記のようにツイートしています:

「私たちは、先十年にわたってこの業界を支えて行くインフラを作りたいと思えるような、一緒に将来のビジョンを描けるメンバーを探しています。」

BinanceのCEOが機関投資家の業界参入を支持

NY証券取引所であるICEを親会社に持つ取引所Bakktや、TDからのサポートを受けるErisX、そしてFidelity Degital Asset Servicesなどの他業界が仮想通貨業界に流入することについて尋ねられた際、CZ氏は「そういった機関投資家が参入してくれることは非常にいいことだと思います」と述べています。

 

各企業の仮想通貨業界参入に関しての記事は、下記を参考にしてください。

・Bakkt   【Bakktが12月12日に「現物決済ビットコイン先物取引」を開始予定と発表!

・ErisX 【約140兆ドルを取り扱うTD Ameritradeが新興系取引所ErisXに出資!

・Fidelity【アメリカの大手投資会社フィデリティが仮想通貨取引所の開設を発表!

仮想通貨
Bakktが12月12日に「現物決済ビットコイン先物取引」を開始予定と発表!
Bakktが12月12日に現物決済ビットコイン先物取引開始予定と発表! 仮想通貨取引所Bakktが、10月23日(日本時間)に「現物決済のBakktビットコイン先物取引」が12月1...
仮想通貨海外
約140兆ドルを取り扱うTD Ameritradeが新興系取引所ErisXに出資!
約140兆円を運用するTD Ameritradeが新興系取引所ErisXに出資を発表! アメリカの大手証券会社TD Ameritrade(アメリトレード)が新興仮想通貨取引所Eri...
ウォール街
アメリカの大手投資会社フィデリティが仮想通貨取引所の開設を発表!
アメリカの大手投資会社フィデリティが仮想通貨取引所の開設を発表! 約2兆4500億ドル(約270兆円)の運用資産額を誇る米国の大手投資会社フィデリティが仮想通貨取引所の開設に向けて...

 

ボストンを拠点とし、仮想通貨市場の全体総額の10倍以上である2兆ドルものドル資産を運用する金融巨大企業であるFidelity Investmentの参入を例に出して説明しました。

 

「Fidelityがこの業界に参入しようとしているという事実が、仮想通貨業界のさらなる成長を証明しています。」

 

CZ氏は、業界が大きくなればなるほど、さらに多くの投資家たちがこぞってこの仮想通貨市場に流入してくるようになり、それが業界の価値を高めていくことになると述べました。彼は機関投資家の参入と、それによる安定性やノン・ボラティリティとの関係について触れました。ボラティリティが低くなるほど、商業的にも投資的にも導入率が高まる傾向があると述べました。

 

CZ氏は機関投資家たちのこの業界へ参入は“差し引きでプラスだ”と考えているようです。また彼はフランスやヨーロッパ諸国は比較的規制が緩いことに注目し、投資家たちは今後そういった国に目を向けていくだろうと述べています。

 

面白いことに、仮想通貨メディアはアメリカの投資家や通貨ばかりに注目しているため、多くの仮想通貨愛好家たちはBinanceが最近シンガポールで仮想通貨と法定通貨の交換プラットフォームを設立したという事実を知らないのです。そしてそれは、この業界が水面下で推移しており、うまくいけば業界全体がより良い方向に向かっていることを意味するでしょう。

 

Binance CEO Backs Institutional Involvement

参考記事はこちら

コインメディアのLINE@のミドルバナー②

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【急上昇!】BITPoint


新規口座開設で3000円分のビットコインがもらえる!大手企業が運営で安心&MT4搭載で初心者から上級者までおすすめ!

【1位】GMOコイン


一部上場企業GMOインターネットグループのグループ会社で安心・安全!販売所形式で初心者でも簡単にリップルなどの人気銘柄の売買ができる!

【2位】ビットバンク


ビットコイン、アルトコインの取引手数料が無料!中級者以上に人気の取引所!

【3位】bitbankTrade


価格下落時にも利益を出せるレバレッジ取引が可能!追証なし、スワップポイントが無料であるため、おすすめ!

ビットバンクトレードバナー

関連キーワード
  • メタップスプラスとEMURGOが協業範囲を拡大!世界初のADAクリプトカードを発行!
  • 早稲田大学人材育成プログラム主催のブロックチェーンカンファレンス
    早稲田大学人材育成プログラム主催のブロックチェーンカンファレンスが12月10日に開催予定!
  • BITPonitが3,000円相当のビットコインがもらえるクリスマスキャンペーンを実施!
  • 自主規制団体アイキャッチ
    G20首脳宣言で「FATF基準に沿って暗号資産を規制」と発表!
  • BitPoint(ビットポイント)ロゴ
    BITPointが取引キャンペーンを実施!最大5,000円相当のビットコインがもらえる!
  • DMM Bitcoinがレバレッジ倍率を引き下げ!
おすすめの記事