ライトニングネットワークの決済チャネル数が急増し、1000を突破!

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやお得情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(伊藤忠商事や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!アプリもシンプルで使いやすく、初心者にはおすすめの販売所です!※ディーカレットは取引所のサービスも開始しました。

ライトニングネットワークのチャネル数が急増!

ビットコインの取引処理速度を大幅に向上させるライトニングネットワークの決済チャネルの数が急激に増加し、1000を超えました。(2018年2月3日17:30現在)

 

ライトニングネットワークは、現在テストネットワークのため開発中でまだまだバグが多い状態です。そんな中でメインネット(本番環境)での運用を行なう人が増えています。もし仮に、問題が起きた場合、問題解決に時間を割くことになり、開発の遅延を招く可能性があるため、開発者は現状を不安視していて、ユーザーに対してメインネットでの利用を自粛するように呼びかけています。

ライトニングネットワークとは?

ライトニングネットワークは、ユーザー間で私的な「決済チャネル」をブロックチェーンの外に持つもので、ライトニングネットワークは、ビットコイン(BTC)の抱えるスケーラビリティ問題を解決するために作られました。

 

 

スケーラビリティ問題とは、ビットコインの取引量が増えるつれて、ブロックチェーンの処理速度が追いつかなくなる課題です。ビットコインはブロックサイズが1MBと定められており、1回のブロック作成で処理できる取引情報量は限定されているので、ビットコインの取引量が増えることで、ビットコインの送金スピードは遅くなってしまいます。これを解決するために誕生したのがライトニングネットワークです。

 

ライトニングネットワークは、送金手数料を無料送金速度の向上を掲げています。仕組みとしては、決済チャネルをブロックチェーンの外に置くことでブロックにかかる負担を減らすことが可能になります。しかし全て決済チャネルに頼るのではなく、最終的な記録はブロックチェーンに残すので安全面でも高いのが特徴です。

 

さらに詳しくライトニングネットワークについて知りたい方は、【ライトニングネットワークとは?仕組みやメリット、デメリットを徹底解説!】を参考にしていただければと思います。

 

 

LINE@バナー_648_200

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。



 



おすすめの記事