今年のICOによる調達額は137億ドルに達し、2017年の2倍近くに!

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(伊藤忠商事や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!アプリもシンプルで使いやすく、初心者にはおすすめの販売所です!※ディーカレットは取引所のサービスも開始しました。

今年のICOによる調達額は137億ドルに達し、2017年の2倍近くに!

PwCの戦略コンサルティング部門のレポートによると、2018年の5か月間に、ICOによる仮想通貨の資金調達は、137億ドルに達し、2017年に調達された全体の金額の2倍近くになっているようです。

 

今年実施された537のICOプロジェクトが実施されましたが、すでに昨年の調達額の70億ドルを上回り、Telegramによる巨大な資金調達も行われました。

 

Telegramとは、2013年にロシア生まれの2人の起業家によって創設された、暗号化されたメッセージプラットフォームであり、パブリックセールではない期間に、17億ドルを調達しました。

 

またロイターによるレポートによると、2013年以来、3470のICOが実施されましたが、わずか30%のみが成功してICO期間を終えますが、多くがICO期間中に遅れが発生したり、勢いを失ったりしています。

 

ICOが実施される地域に関していえば、アメリカが多く、2018年に5か月の間に、アメリカでは56のICOが実施され、11億ドルが調達されています。

 

これはアメリカのICOに関する規制要件が明確で、しっかりしていることが要因であり、ICOプロジェクトは、今月始めにトークンとトークン販売への明確な立場を明らかにしたSEC(米国証券取引委員会)への登録を開始し始めています。

 

ヨーロッパの場合、スイスがICOの中心地になっていますが、2018年にはイギリスも、調達金額とプロジェクトの数の両方で、ICOへの足掛かりを得ています。実際に、イギリスは2018年の間に、48のICOを登録し、500万ドル以上を調達しています。

 

また、レポートは「Crypto Valley」とも呼ばれているツーク自治区があるように、スイスにローカルなブロックチェーンのエコシステムがあることに光を当てており、 Oliver Bussmann氏は以下のように述べています。

 

「このレポートは、スイスが依然として、ICOとブロックチェーンの中心的な活動拠点であることを示しています。」

 

スイス以外にも、マルタやリヒテンシュタイン、ジブラルタルなども、スイスの足跡をたどって、ICOに友好的な活動の拠点として位置付けしています。

 

また、このレポートは、ICOを取り巻く規制の発展に関しても強調しており、「証券主導型(北米)」、「バランス型(ヨーロッパ)」、「バイナリ型(アジア)」という3つの異なるアプローチについて注目しています。

 

現在実施されているICOについて知りたい方は、【2018年仮想通貨ICOおすすめランキング!注目案件を一覧で紹介!】を参考にしてください。

 

 

 ICOs Have Generated $13.7 Billion in 2018 So Far, Nearly Doubling 2017 Numbers
参考記事はこちら

LINE@バナー_648_200

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。



 



おすすめの記事