仮想通貨Aeternity(エターニティ/AE)とは?将来性や今後、取引所や購入方法を徹底解説!

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(伊藤忠商事や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!アプリもシンプルで使いやすく、初心者にはおすすめの販売所です!※ディーカレットは取引所のサービスも開始しました。

仮想通貨Aeternity(エターニティ/AE)とは?

Aeternity(エターニティ/AE)はイーサリアムをベースとして開発された通貨で、2016年12月に公開されています。イーサリアム(ETH)をベースに開発されてはいますが、いくつかの機能などは独自に開発されており、しばしば「イーサリアムの高機能版」などと称されます。

 

また、公開時に行ったICOでおよそ30億円を調達しており、公開前から期待値の高いプロジェクトであった事が伺えます。

Aeternity(エターニティ/AE)の特徴や仕組み

スマートコントラクトをオフチェーンで処理

ブロックチェーンアイキャッチ

Aeternityではスマートコントラクトが大幅に改良されており、機能性が高くなっている事が特徴の1つとして挙げられます。スマートコントラクトはイーサリアムの機能の一つで、契約内容を記録し、条件が達成されると人の意を介さずに、自動的に契約を履行するというシステムになっています。

 

Aeternityはこれを改良し、State Channelという専用のチャネルでスマートコントラクトを実行できるようにし、いわゆるオフチェーン処理を可能にしています。ブロックチェーン上でスマートコントラクトを行う必要がないため、自分の情報をブロックチェーン上で公開する必要もありません。

スマホでもマイニングができる

Aeternityの特徴はそのコンセンサスアルゴリズムにもあります。AeternityはPoW(Proof of Work)PoS(Proof of Stake)の二つを組み合わせたCuckoo Cycleと呼ばれるアルゴリズムを採用しています。

 

このCuckoo Cycleは電力効率が引き上げられているので、スマートフォンや低スペックなパソコンなどからでも簡単にマイニングに参加できるようになっています。

 

ビットコインなどのマイニングにはASICと呼ばれるマイニング専用の高価な機器が必要になりますが、Aeternityの場合は今使用している端末をそのままマイニングにも使用する事ができます。

分散型オラクル

オラクルは、外部からブロックチェーンにデータや情報を持ってくる際に使われる物です。単に情報を外部から伝達するだけではなく、データの正確性も判断する事ができる優れもので、スマートコントラクトに必要な外部情報(石油などの価格、天気情報など)の収集にも使う事ができます。

 

オラクルには「集中型」と「分散型」の2種類がありますが、Aeternityは分散型のオラクルを採用しています。分散型のオラクルのメリットとしては、改変ができないパブリックデータがブロックチェーンに提供されるため、そのデータを使ってスマートコントラクトを進める事ができます。

Aeternity(エターニティ/AE)の将来性や今後

スマホ優先で開発が進められている

Aeternityはブロックチェーンの普及をより進めるべく、Webブラウザ統合型とモバイル端末を優先的に開発を進めています。つまり、パソコンなどの端末よりもスマートフォンやタブレットでの環境を優先的に整えているということになります。

 

先ほど説明したように、Aeternityのコンセンサスアルゴリズムは電力効率が良いため、スマートフォン上でのマイニングも将来的に可能になるのではないかと言われています。

スケーラビリティ問題を解決

Aeternityはこれまでに紹介してきた分散型のオラクルやステートチャネルなどの機能により、高速で安定したスマートコントラクトの実行を可能にしています。

 

これにより、トランザクションの処理能力を大幅に向上させ、イーサリアムの利用者が増加する事で問題視されるであろうスケーラビリティ問題にも対応しています。

Aeternity(エターニティ/AE)の取引所

Aeternityは、国内取引所では取り扱いがないため、以下に紹介する海外取引所で購入することになります。

Binance

binance(バイナンス)のロゴ画像

Binance(バイナンス)は、マルタ共和国に拠点を置き、100種類以上のアルトコインを購入することができる海外取引所です。Binanceは、Aeternityの取引量も多く、手数料0.1%とかなり割安な手数料で購入することができるというメリットがあります。

 

Binanceの登録で分からないことがあったら【Binance(バイナンス)の口座開設、登録、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください。

 

また、Binance以外にも、HuobiOKEx、ZBなどでAeternityを購入することができます。

Aeternity(エターニティ/AE)の買い方や購入方法

AE(Aeternity)は、国内取引所で取り扱っていないため、海外取引所で売買することになります。基本的に、海外取引所は日本円の入金に対応していないため、最初に国内取引所でビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)を購入して、海外取引所に送金する必要があります。

 

Binance(バイナンス)でAEを購入する場合は、以下のような手順で購入します。

 

  • 国内取引所で、ビットコイン(BTC)または、イーサリアム(ETH)を購入する
  • 購入したビットコインまたは、イーサリアムをBinanceのウォレットに送金する
  • BinanceでAEを購入する
また国内取引所は複数のアルトコインを取引所形式で売買できるビットバンク(bitbank.cc)】がおすすめですので、まだ口座開設していない人は早めの登録をおすすめします。 ビットバンクの登録で分からないことがあったら【bitbank.cc(ビットバンク)の口座開設、登録、本人確認、二段階認証】を参考にしてください。

Aeternity(エターニティ/AE)のウォレット

Aeternityはイーサリアムのブロックチェーン上に展開されている通貨なので、イーサリアムの規格に対応しているウォレットであればAEを保管する事ができます。そのため、MyEtherWalletMetaMaskを利用することができます。

 

また、Aeternity以外のおすすめの仮想通貨について知りたい方は、【仮想通貨おすすめランキング!人気銘柄を時価総額・将来性で比較!】を参考にしていただければと思います。

記事の監修者

中島翔

中島 翔

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。その後は金融業界のマーケット部門業務を目指し、2年間で証券アナリスト資格を取得。あおぞら銀行では、MBS(Morgage Backed Securites)投資業務及び外貨のマネーマネジメント業務に従事。さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワードトレーディング及び、クレジットトレーディングに従事。その後国内大手仮想通貨取引所Coincheckでトレーディング業務、新規事業開発に携わり、NYのブロックチェーン関連のVCを経てCWC株式会社を設立。証券アナリスト資格保有 。

Twitter : @sweetstrader3 / Instagram : @fukuokasho12

▼CoinMedia編集部おすすめ!初心者必読の記事はこちら!

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。



 



おすすめの記事