イギリスの決済サービス企業「Moneynetint」がリップルネットに参加!

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(伊藤忠商事や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!アプリもシンプルで使いやすく、初心者にはおすすめの販売所です!※ディーカレットは取引所のサービスも開始しました。

イギリスの決済サービス「Moneynetint」がリップルネットに参加!

決済サービス企業で電子マネーによる送金や企業向けの外国為替取引サービスを提供するMoneynetint社はリップル社と提携を行い、リップルネットに参加したことを発表しました。Moneynetint社は、リップルネットとのシステム統合をすでに完了していて、リップルネットを使用してネットワークに参加している2社に対して送金を実施して成功しています。

 

今回のリップル社との提携によって、RippleNetに参加している金融機関は、APIの追加作業無しMoneyNetint社の提供するプラットフォームと接続することが可能になります。

 

Moneynetint社のCEOYishay Trif(イーシー・トリフ)氏はリップルネットへの参加について「リップル社との協業は、ブロックチェーンというイノベーションを採択し、決済業界において最先端を行くための動きの1つです。」と語っています。

 

その一方で、Moneynetint社は仮想通貨への取り組みに関しては慎重な態度を表明しています。イーシー・トリフ氏は「仮想通貨に関しては様々な規制が存在していて、実装までには多くの困難や手続きが必要になるだろう。したがって、私たちは暗号通貨を決済手段として使うことはないだろう」と述べています。

 

また、リップルの最新情報やその他のニュースについて知りたい方は、【リップル(XRP/Ripple)のニュース、最新情報まとめ】を参考にしていただければと思います。

 

リップルの関連記事
特徴、仕組みリップル(Ripple/XRP)とは?特徴や仕組み
将来性リップル(XRP)の将来性、今後の価格はいくらまで上がる?
取引所、買い方リップル(XRP)の取引所おすすめランキング!買い方や購入方法
ウォレットリップル(XRP)のおすすめのウォレット!日本語対応や安全性で比較!

 

参考記事はこちら

▼CoinMedia編集部おすすめ!初心者必読の記事はこちら!

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。



 



おすすめの記事