• 仮想通貨おすすめランキングの画像 仮想通貨
    仮想通貨おすすめランキング!人気銘柄を時価総額・将来性で比較!
    2017年12月22日
  • 仮想通貨取引所ランキングの画像 取引所
    【仮想通貨取引所おすすめランキング!】人気の仮想通貨・ビットコイン取引所25社を一覧比較
    2017年12月12日
  • 海外取引所おすすめランキングの画像 取引所
    海外の仮想通貨取引所18社を比較!おすすめランキング!
    2018年1月6日
  • 2018年ICOおすすめランキングの画像 ICO
    【仮想通貨ICO】2019年おすすめランキング!注目案件を一覧で紹介!
    2018年1月29日
ビットコインゴールドロゴ

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやICO情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

びっくりマークBITPoint初心者にはもちろん上級者にも好評!充実の取引ツール!
東証二部上場企業のリミックスポイントの子会社が運営!5種類の取り扱いコインが手数料無料で購入できる!
金王冠GMOコイン人気銘柄リップルの購入ができる!
一部上場企業GMOインターネットのグループ会社が運営。リップルやライトコインといった人気銘柄を購入できる!
ビットバンク取引手数料が無料!
リップルやイーサリアムなどのアルトコインの手数料が無料!
銅王冠DMM Bitcoin国内では珍しいアルトコインFX対応!現物取引ではビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)の売買手数料が無料!

ビットコインゴールド(BTG)が51%攻撃を受ける

先週悪意のあるマイナーが、ビットコインゴールドへの攻撃を成功させ、二重支払いを実行したことが明らかになりました。ビットコインゴールドとは、2017年10月にビットコインからハードフォークして誕生した通貨で、記事執筆時点で時価総額26位の仮想通貨になります。

 

詳しくビットコインゴールドについて知りたい場合は、【ビットコインゴールド(BTG)とは?特徴や将来性、取引所や買い方】を参考にしてください。

 

ビットコインゴールドロゴ
ビットコインゴールド(BTG)とは?特徴や将来性、取引所や買い方を徹底解説
ビットコインゴールド(BTG/Bitcoin Gold)とは? ビットコインゴールドとは、2017年10月24日にビットコインから分裂(ハードフォーク)され、誕生した仮想通貨になり...

 

ビットコインゴールドの広報責任者であるEdward Iskra氏は、仮想通貨取引所から資金を盗むために攻撃が行われたことを説明し、5月18日にユーザーに対して警告を行いました。

 

攻撃を行うために、マイナーは少なくともネットワーク全体の51%以上のハッシュパワーを取得し、一時的にブロックチェーンをコントロールしました。

 

大量のハッシュパワーを得ることは、ビットコインゴールドのような小規模なネットワークであっても、信じられないくらいコストがかかりますが、「二重支払い」と組み合わせることによって、収益化を行うことができます。

 

攻撃者は、ネットワークのコントロールを得た後、取引所へのビットコインゴールドへの入金を開始し、かつ入金したビットコインゴールドを支配下にあるウォレットに送金することも試みました。

 

通常ブロックチェーンは、ブロック内の最初の取引のみを承認しますが、攻撃者がネットワークのコントロールを得ていたため、取引を取り消すことができました。

 

そのため、最初の取引(取引所への入金)だけが取消され、別のウォレットへの送金だけを成立させることに成功し、二重支払いを成立させました。

被害額は1,800万ドルを超えると予測される

ビットコインゴールドの攻撃に関わっているアドレスは、5月16日以降に約38万以上のBTGを受け取っています。全ての取引が二重支払いに関連しているものだと仮定すると、攻撃者は取引所から1,860万ドルもの資金を盗んだことになります。

 

最後の取引は5月18日に行われ、それ以降は行われていませんが、攻撃者がブロックチェーンをコントロールできるハッシュパワーを再び得た場合、攻撃を再開することが理論上想定されています。

 

そのため、ビットコインゴールドの開発者は、取引所に対して入金に必要な承認回数を増やすことで、攻撃に対処するようにアドバイスを行っています。

 

具体的には、ブロックチェーンのデータから、攻撃者は22ブロック分の取引を戻すことに成功していることが判明しているため、承認に必要な回数を50ブロック分まで引き上げることを提案しています。

 

また、ビットコインゴールドだけではなく、モナコインVergeなど、PoWのアルゴリズムを採用しているコインへのマイナーによる攻撃が相次いでいます。ブロックチェーンの信頼性を揺るがしかねない事件であるため、今後の対応に注視していく必要があります。

 

モナコイン モナコイン(MONA)がマイナーによる攻撃を受け、1000万円以上の被害が発生!
Verge Verge(XVG)が51%攻撃を受ける!175万ドルの被害か!

 

 Bitcoin Gold Hit by Double Spend Attack, Exchanges Lose Millions
参考記事はこちら

コインメディアのLINE@のミドルバナー②

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【急上昇!】BITPoint


初心者にはもちろん上級者にも好評!充実の取引ツール!大手企業が運営で安心&MT4搭載で初心者から上級者までおすすめ!

bitpointレクタングルバナー

【1位】GMOコイン


一部上場企業GMOインターネットグループのグループ会社で安心・安全!販売所形式で初心者でも簡単にリップルなどの人気銘柄の売買ができる!

【2位】ビットバンク


ビットコイン、アルトコインの取引手数料が無料!中級者以上に人気の取引所!

【3位】DMM Bitcoin


国内では珍しいアルトコインFX対応!現物取引ではビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)の売買手数料が無料であるため、おすすめ!

  • firstprojectonhuobiprime
    【速報】HuobiGlobalがダイレクトプレミアムオファリング(DPO)プラットフォーム HuobiPrimeローンチを発表! 第一弾はTOPNetwork(TOP)が上場
  • 事件
    【速報】Monappy(モナッピー)のモナコイン約1,500万円分詐取した人物を検挙。そのハッキング手法とは。
  • 早稲田大学人材育成プログラム主催のブロックチェーンカンファレンス
    早稲田大学人材育成プログラム主催のブロックチェーンカンファレンスが12月10日に開催予定!
  • コイン相場の使い方
    仮想通貨アプリ「コイン相場」の使い方を徹底解説!
  • NEM提携01
    バーレーン王国のフィンテック企業がNEMにパートナーシップ提携を要請!
  • ドバイの画像
    NEM(ネム)が中東市場の拡大に向け、ドバイ開催の世界政府サミットなどの主要会議に参加
おすすめの記事