Binance(バイナンス)が独自のブロックチェーンの開発を発表!

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやお得情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(伊藤忠商事や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!アプリもシンプルで使いやすく、初心者にはおすすめの販売所です!※ディーカレットは取引所のサービスも開始しました。

Binance(バイナンス)がBinance Chainの開発を発表

Binanceは、現在取引の記録をするのにそれほど多くブロックチェーンを使用しておらず、他の多くの中央集権型の取引所と同じく、会社のサーバーに格納されたオーダーブックを更新するだけで取引を決済しています。

 

例外的に、顧客が入金と出金をする際には、ブロックチェーンを使用しますが、使用頻度は低いのが現状です。

 

また、Binanceは、「BNBトークン」というERC20の規格に従って作成された独自トークンを発行していますが、Binanceのプラットフォームで使用されることがほとんどであるため、イーサリアムのブロックチェーン上でそれほど使用されていません。

 

しかし、同社は以下のようなコメントを出し、独自ブロックチェーンである「Binance Chain」を開発することを発表しました。

 

「我々が分散型取引所(DEX)のフレームワークの調査を広範囲で行った後に、ユーザーがこれまで慣れ親しんでいる取引体験も、大きな改善をすることができます。」

 

Binanceのこの発言は、少し紛らわしい表現ですが、分散型と中央集権的型のハイブリッド型の取引所にBinanceが切り替えたとしても、ユーザーエクスペリエンスには影響を与えず、ユーザーの利便性が損なわれることがないことを示唆しています。

 

「分散型と中央集権型は、互いに補完し、依存し合う関係として、近い将来共存すると考えられます。」

 

また、Binanceは、Binance ChainとBNBトークンについて以下のように説明しています。

 

「Binance Chainは公開ブロックチェーンとして、資産の移転と取引に焦点を当て、将来のブロックチェーン上の資産フローに新しい可能性を提供します。また、Binance Chainは、パフォーマンス、使いやすさ、流動性の3点に重点を置いています。

 

BNBコインは、独自のブロックチェーンのメインネットに存在するものとしてアップグレードされ、ネイティブコインになるだろう。

 

BNBトークンが高騰

今回の発表を受けて、BNBトークンが25%高騰し、一時11ドルを超えました。

1年前、BinanceはCoinbaseやBitfinexなど、既存の大手取引所になることを夢見ることしかできない存在に過ぎませんでした。

 

しかし、広範囲に渡る仮想通貨関連サービスのソリューションを提供し、仮想通貨業界のグーグルになることすら現実的になってきています。

 

Binanceは100種類以上の草コインの取り扱いを格安の手数料で購入できる取引所として、注目を集めていましたが、今後さらに目を離すことができない取引所になっていきますので、まだアカウントを持っていない人はこの機会に登録しておきましょう。

 

Binanceの登録で分からないことがあったら【Binance(バイナンス)の口座開設、登録、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください。

 

 Binance Is Launching Its Own Blockchain
参考記事はこちら

LINE@バナー_648_200

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。



 



おすすめの記事