SWELL2日目の重要ポイントまとめ!有価証券分類や送金業者のリサーチ発表など

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやお得情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(伊藤忠商事や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!アプリもシンプルで使いやすく、初心者にはおすすめの販売所です!※ディーカレットは取引所のサービスも開始しました。

SWELL2日目の重要ポイントを総まとめ

XRPの有価証券認定に関するSEC元関係者の発言

アメリカの米国証券取引委員会(SEC)で顧問弁護士を務めたMichael Didiuk氏がSWELLのなかで、「仮想通貨リップル(XRP)は有価証券ではなく、通貨である」と述べました。また、Didiuk氏が、「XRPが有価証券ではなく、通貨である」と考える理由としてHowey Testに言及しつつ「XRPはリップル社がない場合でも機能することができるため、有価証券に該当しない」としています。

 

howey testは、いくつかのテスト項目の合計スコアからトークン(仮想通貨)が有価証券に該当するか判定することができるテストです。仮想通貨界隈では、多くのICOプロジェクトがhowey testのスコアをホワイトペーパーに掲載するなどしており、広く利用されているテストになります。

 

有価証券に該当するかというポイントでは、下記の2点が重要になります。

 

  • 「第三者が投資によるリターンを期待しているかどうか?」
  • 「分散化された仕組みを持っていて、中央集権的な組織を持っていないこと(特定の団体に依存しているか?)」

 

「リターンを期待しているか?」という点ではリップルには「国際送金を効率化する」という明確な用途とそれを実現するプロダクトがあります。また、リップル社から保有者に対して配当を行うようなことはありません。また、中央集権的な組織をもっているかに関しても「リップル社はXRP誕生後に設立されており、XRPはリップル社のそとにあるものだ」と否定しています。

 

有価証券に該当するかの判断に関するリップル社の主張は「ETHやXRPが米国取引所で取引不可になるかも?有価証券に分類される可能性を指摘」を参考にしてください。

 

今回、SECに近い人物が「XRPは有価証券ではなく、通貨である」と認識を述べたことはXRPの今後を考える上で非常にポジティブな材料となります。さらに詳しく知りたい方は、【「リップル(XRP)は証券ではなく通貨」元SECメンバーが語る根拠とは?】を参考にしてください。

リップルネットの導入事例の紹介

リップルネットの成功事例としてタイに拠点をおくサイアム商業銀行について触れられています。サイアム商業銀行は、国際送金において改善を画策していましたが、単独ではなかなか難しいためリップル社のように共同してイノベーションを起こすことができるテクノロジー企業を求めていたと語っています。

送金市場に関するレポートを公表

SWELL2018では、全世界700社以上の送金業者に対するリサーチ結果が公表されました。リサーチは送金業者によるブロックチェーン導入や仮想通貨への関心度の高さについて触れられています。

 

リサーチ結果としては、45%の企業がブロックチェーンに関する商品開発やブロックチェーン事業者との提携を行っていると回答し、また決済手段としての仮想通貨に関して75%の企業が強い興味を持っていると述べています。リサーチでは「送金業者のブロックチェーンへの注目度の高さ」が明らかになりました。

また、リップルの最新情報やその他のニュースについて知りたい方は、【リップル(XRP/Ripple)のニュース、最新情報まとめ】を参考にしていただければと思います。

 

リップルの関連記事
特徴、仕組みリップル(Ripple/XRP)とは?特徴や仕組み
将来性リップル(XRP)の将来性、今後の価格はいくらまで上がる?
取引所、買い方リップル(XRP)の取引所おすすめランキング!買い方や購入方法
ウォレットリップル(XRP)のおすすめのウォレット!日本語対応や安全性で比較!
LINE@バナー_648_200

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。



 



おすすめの記事