リップルアイキャッチ

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやお得情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(JR東日本や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!
アプリもシンプルで使いやすく、売買手数料も無料なので初心者にはおすすめの取引所です!

リップル社が「Ripple for Good」プロジェクトなど累計120億円を投資!

リップル社は「Ripple for Good(リップル・フォー・グッド)」と名付けられた社会課題解決プログラムを開始すると発表しました。具体的に取組むプロジェクト内容については検討中となっていますが、教育やフィンテック(金融領域)、STEM(Science, Technology, Engineering, Mathmatics)分野のプロジェクトに注力していくと発表されています。「Ripple for Good」は合計120億円規模で、リップル社は2500万ドル(約28億円)を出資し、8000万ドル(約90億円)を寄付によって運営していくとされています。

 

リップル社はこれまでにも社会課題を解決するようなプロジェクトに多額の寄付を行っています。今年3月に、教育系クラウドファンディングサイト「DonorsChoose.org」に掲載されているプロジェクトに対して、約2900万ドル(約32億円)を寄付しています。

 

それだけではなく、今年6月には、仮想通貨をはじめブロックチェーン技術のさらなる普及を目的とした大学ブロックチェーンリサーチ構想(UBRI)と呼ばれるプロジェクトを立ち上げ、マサチューセッツ工科大学(MIT)やプリンストン大学など超有名大学17校と提携を行い、約5000万ドル(約55億円)を寄付しています。これまでリップル社が寄付を行った金額は、累計で120億円にも到達しています。

 

また、リップルで社会貢献する仕組みとしては、アメリカの人気俳優アシュトン・カッチャー氏が絶滅危惧種に指定される動物の保護活動に対して約4.5億円(400万ドル)のリップル(XRP)を寄付しています。

 

今回の発表に際して、リップル社のソーシャルインパクト部門の責任者Ken Weber氏は「リップルの技術がもたらす恩恵をできるだけ多くの人に届けたいという考えに行き着いた。グローバルな課題においては、銀行や国際決済におけるイノベーションを世界中の誰もが利用できるようにすることが最優先事項になる。」と語っています。

 

また、リップルの最新情報やその他のニュースについて知りたい方は、【リップル(XRP/Ripple)のニュース、最新情報まとめ】を参考にしてください。

 

リップルの関連記事
特徴、仕組みリップル(Ripple/XRP)とは?特徴や仕組み
将来性リップル(XRP)の将来性、今後の価格はいくらまで上がる?
取引所、買い方リップル(XRP)の取引所おすすめランキング!買い方や購入方法
ウォレットリップル(XRP)のおすすめのウォレット!日本語対応や安全性で比較!

 

参考記事はこちら

LINE@バナー_648_200

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。取引手数料無料!



 



おすすめの記事