DASH(ダッシュコイン)

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやお得情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!
LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェックサイドバナー

大手企業IIJグループが運営、伊藤忠や電通も出資!満を持してオープンした国内販売所。取引手数料無料!
仮想通貨取引量国内No.1・セキュリティ国内No.1かつ取引手数料が無料!
リップルやイーサリアムなどのアルトコインの手数料が無料!
人気銘柄リップルの購入ができる!
一部上場企業GMOインターネットのグループ会社が運営。キャンペーンを頻繁に開催!アプリ『びっとれ君』も大人気。

警察庁が仮想通貨DASHを本格調査へ!

警察庁が仮想通貨DASH(旧名:ダークコイン)を本格調査に乗り出すことが分かりました。

 

DASHといえば「匿名性の高さ」が特徴の仮想通貨ですが、送金元アドレスから送金者が特定することが難しいなど、匿名性が非常に高いことから違法薬物の取引の決済手段」に利用されている可能性が高いと言われています。

 

2020年の東京オリンピックに向けて、サイバー犯罪対策を強化することから、2018年2月に入り警察庁はダークウェブに関する初の実態調査に乗り出す方針を固めたことを発表していますが、その一環で仮想通貨DASHを本格調査する動きとなっているようです。

 

※仮想通貨DASHの特徴をもっと詳しく知りたい方は【DASH(ダッシュコイン)とは?特徴と仕組みを徹底解説!】を参考にしてください。

匿名通貨がダークウェブで決済手段として普及

サイバー犯罪が行われているインターネットは、私達が日常で利用・閲覧している「サーフェイスウェブ(一般に閲覧出来るウェブページ)」に対して「ダークウェブ(人目に触れないウェブページ)」と呼ばれています。

 

この「ダークウェブ」はGoogleやyahooなどの検索エンジンからアクセスすることはできないページになっていることが多く、イギリスのキングストンカレッジの調査によると、ダークウェブのサイトの約57%が違法取引関連とされていて、殺人動画の販売やパスポート売買などが日常的に行われています。

 

このダークウェブと呼ばれるインターネットの闇に関しては、日本の警察庁も対応に手を焼いていて、これまでは海外の専門捜査機関などに依頼していたようです。

「これまで日本の警察はTorやダークウェブになるとお手上げ状態だった。海外の捜査機関に依頼をして調査をしてもらわないと、何もわからない状態だった」だと話す。

 

DASH(ダッシュコイン)MONEROZCash(ジーキャッシュ)など匿名通貨に対する警察や政府の動きは、匿名通貨の将来性に大きく影響を与えるでしょう。今後の最新情報に注意が必要です。

 

DASHの関連記事一覧

 

DASH(ダッシュコイン)のおすすめの取引所、買い方、購入方法

LINE@バナー_648_200

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【急上昇!】コインチェック(coincheck)


東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【1位】ディーカレット


大手企業IIJグループが運営の安心感。取引手数料無料!



【2位】ビットバンク


ビットコイン、アルトコインの取引手数料が無料!中級者以上に人気の取引所!

【3位】GMOコイン


一部上場企業GMOインターネットグループのグループ会社で安心・安全!販売所形式で初心者でも簡単にリップルなどの人気銘柄の売買ができる!



おすすめの記事