ウォール街

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやお得情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!
LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェックサイドバナー

大手企業IIJグループが運営、伊藤忠や電通も出資!満を持してオープンした国内販売所。取引手数料無料!
仮想通貨取引量国内No.1・セキュリティ国内No.1かつ取引手数料が無料!
リップルやイーサリアムなどのアルトコインの手数料が無料!
人気銘柄リップルの購入ができる!
一部上場企業GMOインターネットのグループ会社が運営。キャンペーンを頻繁に開催!アプリ『びっとれ君』も大人気。

スティーブ・コーエン氏が仮想通貨ヘッジファンドに投資!大物投資家の参入が相次ぐ!

「資産1兆円」として知られるスティーブ・コーエン(Steven Cohen)氏が、仮想通貨・ブロックチェーン関連企業に特化するヘッジファンドに対して投資していることをブルームバーグ(Bloomberg)が報じました。

 

コーエン氏が投資しているファンドは仮想通貨支持者として著名なアリアナ・シンプソン氏が昨年立ち上げた「オートノーモス・パートナーズ」というファンドです。コーエン氏の他にも、ユニオンスクエア・ベンチャーズ、コインベースのCEOブライアン・アームストロング氏といった著名人が投資している世界でも有数のファンドです。

 

投資領域としては、仮想通貨・ブロックチェーン領域ですが、その中でも「日常利用を目的としている仮想通貨」や「次世代の金融インフラを構築するブロックチェーン企業」へ投資を行っていると言われています。

 

スティーブ・コーエン氏は、フォーブスが出した昨年(2017年)の「ヘッジファンド・マネージャー報酬ランキング」でトップ10にランクインしている著名投資家です。

 

これまで、世界三大投資家の1人「ジョージ・ソロス氏の仮想通貨投資参入」や「ロックフェラー財閥のVenRock社が仮想通貨市場へ参入」というニュースが発表されていますが、引続き大手資本、機関投資家が市場に参入することで、仮想通貨市場が回復していく可能性は高いです。

 

参考記事:2018年、機関投資家が仮想通貨市場に参入の可能性が高い

 

参考記事はこちら

LINE@バナー_648_200

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【急上昇!】コインチェック(coincheck)


東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【1位】ディーカレット


大手企業IIJグループが運営の安心感。取引手数料無料!



【2位】ビットバンク


ビットコイン、アルトコインの取引手数料が無料!中級者以上に人気の取引所!

【3位】GMOコイン


一部上場企業GMOインターネットグループのグループ会社で安心・安全!販売所形式で初心者でも簡単にリップルなどの人気銘柄の売買ができる!



おすすめの記事