リップルアイキャッチ

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやお得情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(JR東日本や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!
アプリもシンプルで使いやすく、売買手数料も無料なので初心者にはおすすめの取引所です!

Litecoin創業者が「XRPはダイヤモンド(BTCは金、LTCは銀に続き)」と発言

Litecoin(ライトコイン)創業者であるCharlie Lee(チャーリー・リー)氏が台湾で開催されているアジアブロックチェーンサミット(Asian Blockchain Summit)でのインタビューで「BTCは金、LTCは銀、XRPはダイヤモンドである。」と発言したことが話題になっています。

 

現在、金の市場規模は現在約10兆ドル(1000兆円)で、ビットコイン(BTC)の市場規模は約1000億ドル(10兆円)のため、ビットコイン市場規模は金の市場価値のわずか1%に過ぎません。

 

しかし、Bitcoin(ビットコイン)の市場規模が、長期的には金に匹敵する(100倍に成長する)と発言しています。ビットコインが金の市場規模を超えると考える理由として、保管方法(ストレージ)直面する必要がなく、送金にも非常に便利な点を挙げています。

 

また、チャーリー・リー氏は、ビットコインやライトコインが、金(きん)や銀(ぎん)に例えられていることになぞらえて、XRP(リップル)は、供給量を人為的にコントロールすることができることから、「リップル(XRP)はダイヤモンドである」と例えています。

また、リップルの最新情報やその他のニュースについて知りたい方は、【リップル(XRP/Ripple)のニュース、最新情報まとめ】を参考にしていただければと思います。

 

 

リップルの関連記事
特徴、仕組みリップル(Ripple/XRP)とは?特徴や仕組み
将来性リップル(XRP)の将来性、今後の価格はいくらまで上がる?
取引所、買い方リップル(XRP)の取引所おすすめランキング!買い方や購入方法
ウォレットリップル(XRP)のおすすめのウォレット!日本語対応や安全性で比較!

 

参考記事はこちら

 

LINE@バナー_648_200

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。取引手数料無料!



 



おすすめの記事