• 仮想通貨取引所ランキングの画像 取引所
    【仮想通貨取引所おすすめランキング!】人気の仮想通貨・ビットコイン取引所25社を一覧比較
    2017年12月12日
  • 海外取引所おすすめランキングの画像 取引所
    海外の仮想通貨取引所18社を比較!おすすめランキング!
    2018年1月6日
  • 仮想通貨おすすめランキングの画像 仮想通貨
    仮想通貨おすすめランキング!人気銘柄を時価総額・将来性で比較!
    2017年12月22日
  • 2018年ICOおすすめランキングの画像 ICO
    【仮想通貨ICO】2018年おすすめランキング!注目案件を一覧で紹介!
    2018年1月29日
リップルアイキャッチ

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやICO情報を配信中!

友だち追加

 
▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

びっくりマークBITPointサマーキャンペーン開催中!期間限定で新規口座開設者に3000円分のビットコインプレゼント中!
東証二部上場企業のリミックスポイントの子会社が運営!5種類の取り扱いコインが手数料無料で購入できる!
金王冠GMOコイン人気銘柄リップルの購入ができる!
一部上場企業GMOインターネットのグループ会社が運営。リップルやライトコインといった人気銘柄を購入できる!
ビットバンク取引手数料が無料!
リップルやイーサリアムなどのアルトコインの手数料が無料!
銅王冠ビットバンクトレード相場下落時にも利益を出せるビットコインFXにおすすめ!
スワップポイントが無料のビットコインFXにおすすめの取引所!

ウエスタンユニオン社は、リップル(XRP)を採用せざる負えなくなる

以前、アメリカに本拠地を置く、国際送金業者であるウエスタンユニオン社のCEOが、XRPを活用することで、目標としていた費用対効果を達成することができなかったという声明を発表しました。

 

ウエスタンユニオン社は、6か月以上の間にわずか10回の取引でしか、リップルをテストしていませんが、XRPは市場で言われているほど効果的ではないかもしれないと、多くの投資家は不安を抱くようになりました。

 

しかしながら、リップル社のCEOであるBrad Garlinghouse氏は、リップルはウエスタンユニオンやCoinbaseをおそらく必要としないことを、明らかにするようないくつかの発言を、最近のインタビューで行いました。

 

同氏は、ウエスタンユニオン社が100年以上に渡って最適化しようとしていたことよりも、より効果的な製品を発表したと述べました。このことは、もしウエスタンユニオン社がリップルを採用しなかった場合、同社にとって損失となることを意味します。

 

その理由は、ウエスタンユニオン社の競合がリップル社の技術を採用することで、同社が顧客を失うことになるためです。低い手数料で瞬時に取引をすることができる機会がある場合、誰も高い手数料をわざわざ支払わないため、一度銀行や競合がXRPの使用を開始すると、ウエスタンユニオン社も大規模にこの技術を利用するしかなくなります。

 

もし採用しなかった場合、ウエスタンユニオン社は、金融取引が瞬時に行うことができ、コストもほとんど無料になるような急速に変化する世界においては、時代遅れの存在になってしまうでしょう。

 

Coinbaseもリップルに参加することに興味を持つ

米国最大級の取引所であるCoinbaseは、現在XRPの取り扱いをしていません。取り扱いをしていないのは、XRPが証券として見なされるリスクがあるためと言われていますが、同氏は、「大きな規模で、制度的な問題の解決を図ろうとしているため、リップルに参加することにCoinbaseは興味を持つ」といったようなことを述べています。

 

また、リップル社のCEOがCoinbaseに上場を依頼したことも報道されています。詳しくは、【リップル社CEOが米国最大の取引所、CoinbaseにXRPの上場を依頼!】を参考にしてください。

 

リップル上場アイキャッチ
リップル社CEOが米国最大の取引所、CoinbaseにXRPの上場を依頼!
リップル社CEOが米国最大の取引所、CoinbaseにXRPの上場を依頼! リップル社のCEOであるBrad Garlinghouse氏が、米国最大の取引所の1つであるCoinba...

 

Coinbaseは単なるアメリカの取引所の1つではなく、牽引力を持った取引所であるため、CoinbaseがXRPを取り扱いを開始することは大きな意味を持ちます。

 

Coinbase側にもメリットがあり、もしCoinbaseがリップルの取り扱いを開始した場合、XRPを取引しようとするユーザーが爆発的に増加し、手数料による収益が増えることになります。

 

XRPは20兆ドルの問題を解決しようとしており、世界中のクロスボーダーの支払いの標準になった場合、XRPは非常に人気が高くなり、取引所は先を争ってXRPを上場させようとするでしょう。

 

 

リップルにとって、自身が輝くために、ウエスタンユニオンやCoinbaseは必要なく、偉大であることは運命付けられています。ウエスタンユニオンやCoinbaseといった企業にさえも影響を与える力を持っており、リップルが月に向かっているということに疑いはありません。

 

また、リップルの最新情報やその他のニュースについて知りたい方は、【リップル(XRP/Ripple)のニュース、最新情報まとめ】を参考にしていただければと思います。

 

リップルの将来性
リップル(XRP/Ripple)のニュース、最新情報まとめ
リップルのニュース、最新情報 2018年に入り、リップルの新しい提携や価格予測のニュースが次々と登場しています。コインメディアでは、リップルの最新情報やニュースをお伝えしていきます...

 

 

リップルの関連記事
特徴、仕組み リップル(Ripple/XRP)とは?特徴や仕組み
将来性 リップル(XRP)の将来性、今後の価格はいくらまで上がる?
取引所、買い方 リップル(XRP)の取引所おすすめランキング!買い方や購入方法
ウォレット リップル(XRP)のおすすめのウォレット!日本語対応や安全性で比較!

 

 Does ripple (XRP) need Western Union and Coinbase?
参考記事はこちら

コインメディアのLINE@のミドルバナー②

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【急上昇!】BITPoint


新規口座開設で3000円分のビットコインがもらえる!大手企業が運営で安心&MT4搭載で初心者から上級者までおすすめ!

【1位】GMOコイン


一部上場企業GMOインターネットグループのグループ会社で安心・安全!販売所形式で初心者でも簡単にリップルなどの人気銘柄の売買ができる!

【2位】ビットバンク


ビットコイン、アルトコインの取引手数料が無料!中級者以上に人気の取引所!

【3位】bitbankTrade


価格下落時にも利益を出せるレバレッジ取引が可能!追証なし、スワップポイントが無料であるため、おすすめ!

ビットバンクトレードバナー

関連キーワード
  • メタップスプラスとEMURGOが協業範囲を拡大!世界初のADAクリプトカードを発行!
  • 早稲田大学人材育成プログラム主催のブロックチェーンカンファレンス
    早稲田大学人材育成プログラム主催のブロックチェーンカンファレンスが12月10日に開催予定!
  • BITPonitが3,000円相当のビットコインがもらえるクリスマスキャンペーンを実施!
  • 自主規制団体アイキャッチ
    G20首脳宣言で「FATF基準に沿って暗号資産を規制」と発表!
  • BitPoint(ビットポイント)ロゴ
    BITPointが取引キャンペーンを実施!最大5,000円相当のビットコインがもらえる!
  • DMM Bitcoinがレバレッジ倍率を引き下げ!
おすすめの記事
リップル上場アイキャッチ
仮想通貨ニュース
リップル(XRP)が中国に拠点を置く取引所であるBKEXに上場したことが発表されています。発表によると、BKEXでのXRPの預け入れは201...