仮想通貨

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやICO情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!
LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェックサイドバナー

人気銘柄リップルの購入ができる!
一部上場企業GMOインターネットのグループ会社が運営。リップルやライトコインといった人気銘柄を購入できる!
取引手数料が無料!
リップルやイーサリアムなどのアルトコインの手数料が無料!
銅王冠DMM Bitcoin国内では珍しいアルトコインFX対応!現物取引ではビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)の売買手数料が無料!



Bakktが先物取引の開始日を延期

Bakkt CEOであるKelly Loeffler氏は11月20日、12月12日にリリース予定だった仮想通貨小売決済システムと先物取引プラットフォームについて、リリースを延期するとMediumで発表しました。延期後のリリース予定日は2019年1月24日となります。

 

10月時点で12月12日開始を予定していた当初の記事を読みたい方は【Bakktが12月12日に「現物決済ビットコイン先物取引」 を開始予定と発表!】を参考にしていただければと思います。

仮想通貨
Bakktが12月12日に「現物決済ビットコイン先物取引」を開始予定と発表!
Bakktが12月12日に現物決済ビットコイン先物取引開始予定と発表! 仮想通貨取引所Bakktが、10月23日(日本時間)に「現物決済のBakktビットコイン先物取引」が12月1...

開始日延期の理由

Bakktによると、動作の不具合の有無を確かめるリリース前の受け入れ試験にて、もっと多くの時間が必要になったとのことです。

 

公式では、製品の発売には新しいプロセスやリスクの確認においてテストを繰り返すことはよくあることで、仮想通貨の場合もこれが当てはまります。そのため、Bakktが今回の日程を再調整したことも理にかなっていると主張しました。

CFTCからの承認を強調

また、先物取引プラットフォームは契約開始前から規制当局である米国先物取引委員会(CFTC)から承認を受けており、Bakktはあくまで「顧客の受け入れと規制当局の承認」の両方を獲得した状態でプロジェクトを進めていると強調しました。

 

Bakkt Delays Platform Launch; Announces January as Tentative Roll Out Date

参考記事はこちら

コインメディアのLINE@のミドルバナー②

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【急上昇!】コインチェック(coincheck)


東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【1位】GMOコイン


一部上場企業GMOインターネットグループのグループ会社で安心・安全!販売所形式で初心者でも簡単にリップルなどの人気銘柄の売買ができる!

【2位】ビットバンク


ビットコイン、アルトコインの取引手数料が無料!中級者以上に人気の取引所!

【3位】DMM Bitcoin


国内では珍しいアルトコインFX対応!現物取引ではビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)の売買手数料が無料であるため、おすすめ!



  • 炭火焼肉たむらADA決済導入
    たむらけんじ氏の「炭火焼肉たむら」がCardano ADA決済導入決定。ローンチイベントも開催!
  • HuobiにZLAとSRNが上場
    海外取引所Huobi(フオビ)にSRN(Sirin Labs Token)とZLA(Zilla)が新規上場!
  • Huobiのロゴ画像
    中国三大取引所のHuobi(フオビ)がシリコンバレーに新たな拠点を設置か!
  • Huobiのロゴ画像
    Huobiが9,000万ドルを超える中韓向けのブロックチェーンファンドを設立!
  • モネロ(MONERO)のロゴ画像
    Monero(モネロ/XMR)がHuobi.Proに上場!
  • HuobiがBittradeを買収
    Huobiが国内取引所BitTrade(ビットトレード)の買収発表!正式に日本進出へ
おすすめの記事