• 仮想通貨おすすめランキングの画像 仮想通貨
    仮想通貨おすすめランキング!人気銘柄を時価総額・将来性で比較!
    2017年12月22日
  • 仮想通貨取引所ランキングの画像 取引所
    【仮想通貨取引所おすすめランキング!】人気の仮想通貨・ビットコイン取引所25社を一覧比較
    2017年12月12日
  • 海外取引所おすすめランキングの画像 取引所
    海外の仮想通貨取引所18社を比較!おすすめランキング!
    2018年1月6日
  • 2018年ICOおすすめランキングの画像 ICO
    【仮想通貨ICO】2018年おすすめランキング!注目案件を一覧で紹介!
    2018年1月29日
リップルアイキャッチ

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやICO情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!
大切な資産を失うリスクがあるため、必ず複数の取引所に登録しておきましょう!

金王冠GMOコイン人気銘柄リップルの購入ができる!
一部上場企業GMOインターネットのグループ会社が運営。リップルやライトコインといった人気銘柄を購入できる!
ビットバンク取引手数料が無料!
リップルやイーサリアムなどのアルトコインの手数料が無料!
銅王冠bitFlyerセキュリティが世界一と認定された安心・安全の取引所!
7種類のコインを購入可能!
びっくりマークビットバンクトレード相場下落時にも利益を出せるビットコインFXにおすすめ!
スワップポイントが無料のビットコインFXにおすすめの取引所!

リップル社CTOがスマートコントラクト製品「Codius」を発表

今週水曜日にリップル社のCTOであるStefan Thomas氏の新会社(Coil社)が、スマートコントラクトを低コストで、作成、展開することができる製品(Codius)を発表しました。

 

Codiusは、リップルのインターレジャーを利用しており、すでにルクセンブルクの大企業「Telindus社」と、オランダのオープソースソフトウェアの開発会社「Wietse Wind社」が利用することが決まっています。

Codiusは現状のスマートコントラクトの問題点を解決するか

「スマートコントラクト」とは、イーサリアムを代表とするいくつかの仮想通貨で搭載されている技術で、ブロックチェーンに「取引記録」だけではなく、「履行条件」や「契約情報」などを記録することで、契約の自動化を可能にします。

 

スマートコントラクトは、スポーツ賭博や保険料の支払い、著作権訴訟など多岐に渡る取引を全て自動化することができるため、非常に話題になりました。しかし、技術的に複雑であるため、ほとんどの人が利用することができず、主流から外れてしまっているというデメリットがあります。

 

Stefan Thomas氏は、こうしたスマートコントラクトの現状を変えたいと考えており、新会社で「Codius」と呼ばれる製品を発表し、Foutuneのインタビューで、以下のように語っています。

 

「Codiusは、スマートコントラクトを構築するためのプラットフォームを求めている全ての人が、利用可能なオープンソースのホスティングプラットフォームです。

 

クラウドコンピューティングがWEBホスティングをより利用しやすくしていると同じように、Codiusを利用することで、人々がゼロから開発する必要がなくなるため、ブロックチェーンの実験がより広範に行われることを可能にします。

 

オープンソースのプラットフォーム(Codiusのことを指す)は、スマートコントラクトを人気のあるプログラミング言語で書くことを可能にし、イーサリアムと比較して桁違いに運用コストを減らすことができます。」

 

また、同氏はインタビューで、以下のようなスマートコントラクトやイーサリアムの問題点を指摘しており、開発者がJava、C+といった一般的に利用されているプログラミング言語を使用し、全ての種類のデータを活用できるというCodiusの利点を示しています。

①現在のスマートコントラクトは、開発者やエンジニアが新しく複雑なプログラミング言語を学ぶ必要があるため、現実的ではない

②最も人気のあるプラットフォームであるイーサリアムでさえ、大規模に運用するには整備が不十分であり、1つのスマートコントラクトを行うために、1ドル以上のコストがかかる

③スマートコントラクトの構造は、地図や天気予報などの外部データを簡単に統合する方法がないため、実用的なアプリケーションの構築ハードルを上げている

Codiusを利用することによって、モバイルアプリが行っているように、第三者情報源(お天気チャンネルやヤフーファイナンスなど)を活用するスマートコントラクトが可能になります。

 

また、これまではスマートコントラクトにアクセスするためには、Coinbaseが提供している「Toshi」のような特殊なソフトウェアを利用する必要がありましたが、開発者が通常のWEBブラウザで作業することも可能になります。

 

リップルの最新ニュースを知りたい方は、【リップル(XRP/Ripple)のニュース、最新情報まとめ】参考にしてください。

リップルの将来性
リップル(XRP/Ripple)のニュース、最新情報まとめ
リップルのニュース、最新情報 2018年に入り、リップルの新しい提携や価格予測のニュースが次々と登場しています。コインメディアでは、リップルの最新情報やニュースをお伝えしていきます...

 

リップルの関連記事
特徴、仕組み リップル(Ripple/XRP)とは?特徴や仕組み
将来性 リップル(XRP)の将来性、今後の価格はいくらまで上がる?
取引所、買い方 リップル(XRP)の取引所おすすめランキング!買い方や購入方法
ウォレット リップル(XRP)のおすすめのウォレット!日本語対応や安全性で比較!

 

Ripple Vet Launches Codius, an Easy-to-Use Smart Contract Tool
参考記事はこちら

コインメディアのLINE@のミドルバナー②

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】GMOコイン


一部上場企業GMOインターネットグループのグループ会社で安心・安全!販売所形式で初心者でも簡単にリップルなどの人気銘柄の売買ができる!

【2位】ビットバンク


ビットコイン、アルトコインの取引手数料が無料!中級者以上に人気の取引所!

【3位】bitFlyer


取引量、資本金、ユーザー数が日本一!大手企業が多数株主として参加、500万までの不正ログイン補償があり、セキュリティが世界一と評価されるなど、安心・安全の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

関連キーワード
  • ビットコイン年末価格アイキャッチ
    専門家が「ビットコイン価格は4,000ドルに下落後、2019年までに1万ドルに反発する」と予測
  • ウォール街
    「ウォールストリートが数千兆円を仮想通貨市場に投入する」イーサリアム共同創業者が発言!
  • リップルアイキャッチ
    スペインの大手銀行BBVAがリップルのサービスを一部顧客に提供することを予定!
  • リップルの将来性
    リップル(XRP/Ripple)のニュース、最新情報まとめ
  • 【イベント】tokenskyの画像
    TokenSky TOKYO 2018が7月4日〜5日にベルサール汐留で開催!チケット情報も!【PR】
  • TRON
    TRON財団が10億枚のTRXをBurn(バーン)することを発表!
おすすめの記事