リップル社の技術を活用した送金アプリ「Money Tap」を国内3行が公開予定

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(伊藤忠商事や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!アプリもシンプルで使いやすく、初心者にはおすすめの販売所です!※ディーカレットは取引所のサービスも開始しました。

リップル社の「xCurrent」を活用した、送金アプリが公開予定

リップル社の技術である「xCurrent」を活用した、個人間用の送金アプリ「Money Tap」が、2018年夏以降に公開される予定であることが発表されました。

 

※記事全文を読む時間がなく、すぐにリップルを購入したい人は、簡単にリップルを購入することができるGMOコインに登録しておきましょう。

GMOコインの登録で分からないことがあったら【GMOコインの口座開設、登録、本人確認方法、二段階認証方法】を参考にしてください。

 

「xCurrent」とは、リップル社の提供する商品の1つで、金融機関同士が、リアルタイムのメッセージのやり取りや送金処理を行うことを可能にします。

「Money Tap」は、2017年12月に完成された、xCurrentをクラウドで利用できる「RCクラウド2.0」に接続することで、個人間送金を可能にします。

 

リップル社は、スペイン最大の商業銀行であるサンタンデールグループと提携し、個人向けの国際決済用アプリをリリースすることを発表しましたが、今回新たに国内でも、リップル社の技術を活用したアプリがリリース予定であることが発表されました。

 

 

「Money Tap」は、携帯電話番号・QRコードを活用し、「指紋認証」を実装することで、安全性・セキュリティ性を高めるとされています。

 

これにより、口座番号を知らなくても、スマホを操作するだけで知人に送金することが可能になり、個人間送金の利便性が大きく高まることが期待できます。

 

また、「Money Tap」の対応予定銀行は、現在は住信SBIネット銀行・りそな銀行・スルガ銀行の3行のみとなっていますが、順次増えていく予定になっています。

 

リップル社の技術は、各方面で実用化が進行していますが、ついに国内でもリップル社の技術を活かした製品が登場してきました。

 

また、リップルのその他のニュースについては、【リップル(XRP/Ripple)のニュース、最新情報まとめ】も是非参考にしてください。

 

 

リップルの関連記事
特徴、仕組みリップル(Ripple/XRP)とは?特徴や仕組み
将来性リップル(XRP)の将来性、今後の価格はいくらまで上がる?
取引所、買い方リップル(XRP)の取引所おすすめランキング!買い方や購入方法
ウォレットリップル(XRP)のおすすめのウォレット!日本語対応や安全性で比較!

 

 

内外為替一元化コンソーシアムにおけるスマートフォン向け送金アプリ「Money Tap(マネータップ)」提供に関するお知らせ
参考記事はこちら

 

リップル活用のスマホ送金アプリ「Money Tap」発表。住信SBI・りそな・スルガ銀行が参加

参考記事はこちら

▼CoinMedia編集部おすすめ!初心者必読の記事はこちら!

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。



 



おすすめの記事