機関投資家仮想通貨アイキャッチ

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやお得情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!
LISKやFactomなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

coincheck-side_banner

大手企業IIJグループが運営、伊藤忠商事株式会社や株式会社電通グループも出資!満を持してオープンした国内販売所。取引手数料無料!
仮想通貨取引量国内No.1・セキュリティ国内No.1!
ワンタップで買える販売所のスプレッドが業界最狭クラス!
人気銘柄リップルの購入ができる!
一部上場企業GMOインターネットのグループ会社が運営。キャンペーンを頻繁に開催!アプリ『びっとれ君』も大人気。

世界最大の資産運用会社BLACKROCK(ブラックロック)が仮想通貨市場参入か!

7月16日に仮想通貨市場は「約600兆円を運用する世界最大の資産運用会社BLACKROCK(ブラックロック)社が仮想通貨市場へ参入するかもしれない」というFinancial Newsの報道を受けて、ビットコイン(BTC)をはじめ多くのアルトコインが価格を大きく上昇させました。

 

2018年7月24日追記:BLACKROCKのCEOがブルームバークのインタビューで、「仮想通貨を購入するつもりはない」と発言したことが明らかになりました。

 

BLACKROCKは、昨年末にCEOのLarry Fink氏が表明した仮想通貨投資に対する「マネー・ローンダリングを行う目的で流行していることは明白」だと述べるなどこれまでは批判的なスタンスをとっていました。

 

しかし、同社は、今年の2月には「市場拡大に応じて、より一般的に仮想通貨が利用される可能性がある」と仮想通貨の可能性を一部肯定的に捉えつつも、「今現在の市場は非常にボラティリティが高く、投資した資産をすべて失うリスクが高い」と仮想通貨投資に関しては否定的に発言しています。

 

また、今回のFNの報道に対して、BlackRockの広報担当者は、同社は「仮想通貨の根幹技術であるブロックチェーンに関しては数年間注目している」と語りましたが、肝心の「仮想通貨投資」に対してはコメントを差し控えています。

 

CNBCのトレーディングアドバイザーは機関投資家の参入が仮想通貨市場に対して非常に大きな影響を持つことを予想し「機関投資家が参入することで、2017年の市場の盛り上がりはウォーミングアップのように見えるだろう。」と発言しています。

 

2018年はビットコインETFの承認が期待されており、機関投資家の資金が仮想通貨市場に流れ込むことに期待が集まっています。

 

機関投資家の仮想通貨市場への参入については、【2018年、機関投資家が仮想通貨市場に参入の可能性が高い】や【機関投資家の資金が仮想通貨市場に流入する理由と、それがビットコインにもたらすこと】を参考にしてください。

 

 

参考記事はこちら

LINE@バナー_648_200

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【急上昇!】コインチェック(Coincheck)


東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!LISKやFactomなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【1位】ディーカレット


大手企業IIJグループが運営の安心感。取引手数料無料!



【2位】ビットバンク


仮想通貨取引量国内No.1・セキュリティ国内No.1!中級者以上に人気の取引所!

【3位】GMOコイン


一部上場企業GMOインターネットグループのグループ会社で安心・安全!販売所形式で初心者でも簡単にリップルなどの人気銘柄の売買ができる!



おすすめの記事