公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやICO情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!
LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェックサイドバナー

現在口座開設で1,000円相当もらえるキャンペーン中!
大手企業IIJグループが運営、伊藤忠や電通も出資!満を持してオープンした国内取引所。取引手数料無料!
仮想通貨取引量国内No.1・セキュリティ国内No.1かつ取引手数料が無料!
リップルやイーサリアムなどのアルトコインの手数料が無料!
人気銘柄リップルの購入ができる!
一部上場企業GMOインターネットのグループ会社が運営。キャンペーンを頻繁に開催!アプリ『びっとれ君』も大人気。



イーサリアム(Ethereum/ETH)の将来性

イーサリアム(ETH)とは、ビットコインに次いで時価総額が2位の仮想通貨で、2018年1月の価格高騰でも話題になりました。今回はイーサリアムの将来性について紹介してきますが、まず最初にイーサリアムの将来性の好材料、悪材料を一つずつ分析していきましょう。

 

※すぐにイーサリアムを購入したい方は、当サイトおすすめの仮想通貨取引所BITPointでイーサリアム(ETH)を購入しましょう。

ビットポイントは2019年7月11日の仮想通貨不正流出により、新規口座開設ができない状態です。 BITPointの登録方法【BITPoint(ビットポイント)の口座開設、登録、本人確認方法】を参考にしてください。

イーサリアムの独自技術

現在、仮想通貨は「投機」としての側面が強く、値上がりばかりに目を奪われがちですが、今後は実用的な面も重視されていくと予想されています。そのため、単なる価格変動だけを意識するのではなく、その仮想通貨がどのような独自の技術を持っていて、実用性があるのかを考えることは非常に大切なことになってきます。

 

イーサリアムの技術的な特徴として、「スマートコントラクト(賢い契約)」というものがあります。ビットコイン(BTC)は、ブロックチェーン上に取引内容のみを記録しますが、イーサリアムは、契約情報や履行条件など、契約に関することも記録していきます。これにより、イーサリアムを利用することで、従来よりも契約を効率化できると考えられています。

 

他にも、イーサリアムには、ブロック生成時間が15秒と短く、取引スピードが速いなどの技術的なメリットがあるため、今後実用化されていく可能性が十分にあると考えられます。

 

イーサリアムの技術面などの特徴は、【イーサリアムとは?特徴や仕組み、ビットコインとの違い】で詳しく解説していますので、スマートコントラクトなどの仕組みをもっと詳しく知りたい人は、参考にしてください。

イーサリアム連合(EEA)

イーサリアム連合とは、2017年前半にイーサリアムの実用化を目指すために大手企業を中心に結成された組織です。JBモルガン、アクセンチュア、マイクロソフトといった外資系大手企業や、三菱UFJ銀行やトヨタなど、国内大手企業も続々参加を決めています。

 

こうした大手企業は、イーサリアムのスマートコントラクトを実用化し、ビジネスに導入するために活動する予定になっています。大手企業のバックアップを受けることができるのも、イーサリアムの強みであり、将来性が期待されています。

メトロポリス

イーサリアムは、当初から4段階のハードフォークアップデートが行われる予定で、アップデートごとに、性能が改良されていきます。

 

「ハードフォーク」という言葉は、開発者やマイナーたちの利害関係の対立などによって、ブロックチェーンが分岐し、混乱が起きる可能性が高いというネガティブなイメージを持っている人も少なくないかもしれません。

 

しかし、イーサリアムのハードフォークアップデートは、計画的に予定されているものであるため、大きな混乱が起きるとは想定しずらく、むしろ性能が改良されるため、ポジティブな受け止め方をされることが多いです。

 

イーサリアムのハードフォークアップデートは、以下の4段階がありますが、2018年内に行われるとされているのは、「メトロポリス」と呼ばれるアップデートになります。

 

  • フロンティア(2015年7月実施済)
  • ホームステッド(2016年3月実施済)
  • メトロポリス(2017年10月に第一段階実施)
  • セレニティ(未定)

 

「メトロポリス」には、「ビザンティウム」と「コンスタンティノープル」の二段階が予定されており、すでにビザンティウムは実施済で、Zcash(ジーキャッシュ/ZEC)に使用されている「ゼロ知識証明」という高い匿名性を保持する技術の導入や、承認アルゴリズムPoSへの移行準備が行われました。

 

「ビザンティウム」の実施により、イーサリアムの価格は3万円以上の上昇を見せたことから、2018年に予定されている「コンスタンティノープル」の際にも、価格上昇が期待されています。

 

2018年10月15日追記:コンスタンティノープルの実施は、テストで合意形成の問題が発生したため、延期になりました。詳しくは、【イーサリアム(ETH)のハードフォークの実施が延期!】を参考にしてください。

The DAO事件で脆弱性が発覚

イーサリアムのプラットフォーム上に発行された独自トークンと引き換えに、ICOを実施し、資金調達を行った「The DAO」というプロジェクトが2016年にありました。このプロジェクトは、資金調達後に、ハッキングされ、50億円以上の被害を出すことになります。

 

この事件は、イーサリアムクラシック(ETC)が、イーサリアムから分裂して誕生するきっかけになった事件でもあるのですが、同時にイーサリアムのセキュリティの脆弱性が指摘されることになり、イーサリアムの不安要素の1つになっています。

 

The DAO事件についてさらに詳しく知りたい方は、【The DAO事件とは?DAOプロジェクト概要やその後の対策を徹底解説!】を参考にしてください。

イーサリアム(ETH)の今後の価格・将来価格

ウェブボットによる2018年の価格予測

元マイクロソフトの従業員が開発した「ウェブボット」と呼ばれるAIが、2018年度のイーサリアムの価格を下のように予想しています。

仮想通貨は政府による規制などの外部環境の影響を大きく受けます。そういった外部環境の変化をにらみつつ、AIの予測・予想を参考にすることでイーサリアム(ETH)の将来価格や高騰を予測する一助になると思います。

・新しいテクノロジーが注目を浴び、今後12ヶ月はこれまでのパターンとは違う変動をする。

・2018年の3月を過ぎると、イーサリアムのシェアは不釣合いに増大する。

 

イーサリアム(ETH)の購入におすすめの仮想通貨取引所は【イーサリアム(ETH)のおすすめ取引所ランキング!買い方や購入方法を解説】を参考にしてください。

 

イーサリアムの関連記事一覧
特徴・仕組みイーサリアムとは?特徴や仕組み、ビットコインとの違い
取引所・買い方イーサリアム(ETH)のおすすめ取引所ランキング!買い方や購入方法
ウォレットイーサリアム(ETH)のウォレットを比較!おすすめランキング!

 

コインメディアのLINE@のミドルバナー②

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【急上昇!】コインチェック(coincheck)


東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【1位】ディーカレット


現在口座開設で1,000円相当もらえるキャンペーン中! 大手企業IIJグループが運営の安心感。取引手数料無料!

ディーカレット

【2位】ビットバンク


ビットコイン、アルトコインの取引手数料が無料!中級者以上に人気の取引所!

【3位】GMOコイン


一部上場企業GMOインターネットグループのグループ会社で安心・安全!販売所形式で初心者でも簡単にリップルなどの人気銘柄の売買ができる!



おすすめの記事