公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやICO情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!
LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェックサイドバナー

現在口座開設で1,000円、さらにレバレッジ取引で5,000円相当もらえるキャンペーン中!
大手企業IIJグループが運営、伊藤忠や電通も出資!満を持してオープンした国内取引所。取引手数料無料!
仮想通貨取引量国内No.1・セキュリティ国内No.1かつ取引手数料が無料!
リップルやイーサリアムなどのアルトコインの手数料が無料!
人気銘柄リップルの購入ができる!
一部上場企業GMOインターネットのグループ会社が運営。キャンペーンを頻繁に開催!アプリ『びっとれ君』も大人気。



OKExでビットコインキャッシュの強制決済が実行!

毎日10億ドル以上の仮想通貨取引を処理している香港に拠点を置く仮想通貨取引所OKExは、11月14日にビットコインキャッシュの先物取引を警告なしで強制決済を行いました。このOKExの決定は、異例であるとされており、大きな反感を買っています。

 

以前はエネルギー先物業者であり、現在はケイマン諸島に登録されているConsensus Technologies社を経営しているQiao Changhe氏は、OKExにおけるヘッジポジションが市場価格を反映しないレベルで急に閉鎖されたため、70万ドルの損失を出したと述べています。

 

同氏は、以下のように述べ、OKExの今回のビットコインキャッシュの先物決済の方法に不満を持っているため、OKExで運用している500万ドルの資金を減らすことを話しています。

 

OKExは、信頼を失っています。同取引所の先物取引はナンセンスなものであり、ヘッジに使用できるものではありませんでした。

 

また同氏以外の4人のトレーダーも、OKExとの関係を縮小させたり、終了させることを述べています。

 

強制決済後の声明の中で、OKExは同取引所が引き起こした可能性のある不自由について謝罪しましたが、ビットコインキャッシュの分裂に関連するボラティリティから顧客を保護するために決定が下されたと述べてます。

 

また、同取引所は市場操作のリスクを軽減するために顧客に通知することなく行なったとしており、OKExのAndy Cheung氏は、ブルームバーグからの質問に以下のように回答しています。

 

「様々なシナリオを考慮した後、秩序ある市場を維持するためには、早期決済が最も公平で合理的な決断であると判断しました。」

 

 

Furious Traders Slam Crypto Exchange for Fiddling With Contracts
参考記事はこちら

コインメディアのLINE@のミドルバナー②

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【急上昇!】コインチェック(coincheck)


東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【1位】ディーカレット


現在口座開設で1,000円、さらにレバレッジ取引で5,000円相当もらえるキャンペーン中! 大手企業IIJグループが運営の安心感。取引手数料無料!

ディーカレット

【2位】ビットバンク


ビットコイン、アルトコインの取引手数料が無料!中級者以上に人気の取引所!

【3位】GMOコイン


一部上場企業GMOインターネットグループのグループ会社で安心・安全!販売所形式で初心者でも簡単にリップルなどの人気銘柄の売買ができる!



おすすめの記事