イーサリアム(ETH)のハードフォークの実施が延期か!

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやお得情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(伊藤忠商事や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!アプリもシンプルで使いやすく、初心者にはおすすめの販売所です!※ディーカレットは取引所のサービスも開始しました。

イーサリアム(ETH)のハードフォークの実施が延期か!

イーサリアムブロックチェーンインフラ会社であるInfura社のツイートによると、「コンスタンティノープル」と呼ばれているイーサリアムのハードフォークのテストにおいて、合意形成の問題が発生したため、テストネットが使用不可になる事態が引き起こされました。

 

また同社のツイートは、イーサリアム開発者コミュニティが問題を調査している間は、開発者は他のテストネットワークを使用するようにアドバイスしています。

 

複数のイーサリアムの開発者によると、10月13日にテストネットRopstenで、ハードフォークは有効になったとされていますが、合意形成の問題を引き起こしたため、イーサリアムの開発者であるAfri Schoedon氏は、以下のようなツイートを行いました。

 

2018年中に、コンスタンティノープルの実施はないだろう。私たちは調査をする必要があります。」

 

イーサリアムは性能改良を目的としたハードフォークを当初から予定しており、今回話題になった「コンスタンティノープル」 は、3段階目のアップデートである「メトロポリス」の第二段のアップデートになります。

 

メトロポリスの第一弾のアップデートである「ビザンティウム」が実施された際には、イーサリアムの価格が高騰したため、今回の「コンスタンティノープル」の実施も期待されていましたが、2018年中の実施は厳しい見込みになりました。

 

イーサリアムのハードフォークについては、【イーサリアム(ETH)の将来性、今後の価格・将来価格を徹底解説!】で詳しく解説していますので、こちらも是非参考にしていただければと思います。

 

Ethereum’s Constantinople Hard Fork Faces ‘Consensus Issue’ in Testing
参考記事はこちら

LINE@バナー_648_200

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。



 



おすすめの記事