Bitfinexが分散型入金システムを発表!銀行口座の詳細を隠す狙いか!

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(伊藤忠商事や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!アプリもシンプルで使いやすく、初心者にはおすすめの販売所です!※ディーカレットは取引所のサービスも開始しました。

Bitfinexが分散型入金システムを発表!

Bitfinexが銀行口座の詳細を隠す狙いがあるとされている「分散型入金システム」を本日発表しました。「分散型入金システム」では、ユーザーは以下のようなプロセスで入金を行います。

①入金リクエストを作成し、入金したい金額と通貨を正確に指定する
②最大48時間かかる口座審査が行われた後、ユーザーの取引ごとに特有のものとなっている銀行口座の詳細が含まれる入金通知を受け取る
③ユーザーは入金通知の情報に基づいて、入金に着手する
④実施された入金はBitfinexによって、6から10営業日で処理される

Bitfinexがこのような面倒な入金システムを採用したのは、公に銀行口座の詳細を公開しないためであるとされており、Bitfinexは入金を行う顧客に提供される銀行口座の情報は、商業的に機密であるとしています。

 

さらに、同取引所は銀行口座の詳細が公開された場合は、訴訟の可能性があるとそれとなく脅迫しており、仮想通貨の価格が影響を受けることもほのめかしています。

 

銀行問題や様々な疑惑をかかえるBitfinexは、法定通貨の入金を停止していましたが、今回新たに採用された入金システムはこうした疑惑をさらに駆り立てるものとなることが予想されます。

 

Bitfinexの入金停止やTether疑惑については、【Bitfinexが法定通貨(USD、EUR、JPY、GBP)の入金を停止!】や【CFTCがUSDT疑惑で、BitfinexとTetherに召喚状を送付!】を参考にしてください。

 

 Bitfinex Secures an Account with Deltec Banks, Tether Still Unpegged
参考記事はこちら

▼CoinMedia編集部おすすめ!初心者必読の記事はこちら!

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。



 



おすすめの記事