• 2018年ICOおすすめランキングの画像 ICO
    【仮想通貨ICO】2019年おすすめランキング!注目案件を一覧で紹介!
    2018年1月29日
  • 仮想通貨おすすめランキングの画像 仮想通貨
    仮想通貨おすすめランキング!人気銘柄を時価総額・将来性で比較!
    2017年12月22日
  • 海外取引所おすすめランキングの画像 取引所
    海外の仮想通貨取引所18社を比較!おすすめランキング!
    2018年1月6日
  • 仮想通貨取引所ランキングの画像 取引所
    【仮想通貨取引所おすすめランキング!】人気の仮想通貨・ビットコイン取引所25社を一覧比較
    2017年12月12日
Amazonリップル提携アイキャッチ

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやICO情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

びっくりマークBITPoint初心者にはもちろん上級者にも好評!充実の取引ツール!
東証二部上場企業のリミックスポイントの子会社が運営!5種類の取り扱いコインが手数料無料で購入できる!
金王冠GMOコイン人気銘柄リップルの購入ができる!
一部上場企業GMOインターネットのグループ会社が運営。リップルやライトコインといった人気銘柄を購入できる!
ビットバンク取引手数料が無料!
リップルやイーサリアムなどのアルトコインの手数料が無料!
銅王冠DMM Bitcoin国内では珍しいアルトコインFX対応!現物取引ではビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)の売買手数料が無料!

2018年にAmazonがリップル(XRP)を選択すると考えられる3つの理由

海外メディアのOracle Timesが、アマゾンが仮想通貨のマーケットプレイスに参入する際に、リップルがベストな選択肢である3つの理由について紹介しています。

処理時間が速く、低コスト

Amazonのような大企業が仮想通貨に対して、本当に必要としているのは、「安定性」になります。2016年4月以来、ビットコイン決済をサポートしていた、人気のあるゲーム会社であるSteamが、ビットコイン価格が過去最高値を記録したにも関わらず、ビットコインでの支払いを停止したことがその証拠になります。

 

Amazonのような会社は投資金額を増やすことが目的である、普通のトレーダーではありません。仮想通貨の受け入れを開始するという広範囲に影響が及ぶ変化の場合、安定性が必要になります。

 

2017年だけでビットコインの価格が2,000%増加したことを考えると、ビットコインでの支払いを採用していたSteamは、大きな利益を上げたことが予測されますが、ビットコインの高い手数料とボラティリティの高さに取り扱いを諦めざるを得ませんでした。

 

ビットコインのコミュニティが、送金スピードや高額な手数料といった「実用化への障壁」に対処することに失敗したことは、仮想通貨の採用が主流となるために必要とされる企業に、不信感を作り出してしまいました。

 

しかし、リップルはビットコインが対処できなかった問題にソリューションを提供します。リップルの取引時間は10秒以内であり、標準的な手数料は0.0001XRPと低コストになっています。

 

供給量が多く、長期的に見た場合ボラティリティが低くなる

リップルは、ビットコインの取り扱い停止において、Steamが提示したもう1つの問題(ボラティリティの高さ)にも対処しています。

 

ビットコインは発行枚数は2,100万枚となっているのに対して、XRPの発行上限は1,000億枚となっており、そのうち550億枚がリップル社によってロックアップされた状態で保有されています。

 

XRPの発行枚数は、ビットコインの4700倍以上となっており、長期的に見た場合、ボラティリティがビットコインと比較して低くなります。

 

一般投資家や機関投資家がXPRにお金を注入する場合、今後何円にもわたって、XRPの価格は上昇すると考えることができますが、価格が安定した際に、XRPの発行枚数が多いことは、ボラティリティの低さに繋がります。

 

1コインあたりの価格の低さ

XRPは供給量が多く、結果として1コインあたりの価格が安くなることは、ユーザーフレンドリーな市場を形成するのに役に立ちます。

 

仮想通貨に詳しくない人が、「0.005BTC」と「5XRP」のどちらが理解しやすいのかを考えたとき、5XRPの方が明らかに理解しやすいと言えるでしょう。(ビットコインは1枚あたりの価格が高いため、価格表示が、小数点が多いものになりやすい)

 

Amazonは徹底した顧客志向を持った企業であるため、顧客体験に有益であることを証明することができない場合、仮想通貨はAmazonのマーケットで居場所を見つけることができないでしょう。

 

 

Amazonが必要としているものは、「安定している」、「供給が普及している」、「現在の仮想通貨市場の価格の変動のしやすさを受ける恐れがない」通貨になります。リップルは、近い将来にこれら3つの特性を提供しているか、少なくともこれら3つの原則を示すことを保証するでしょう。

 

リップルの他のニュースや最新情報について知りたい方は、【リップル(XRP/Ripple)のニュース、最新情報まとめ】を参考にしてください。

 

リップルの将来性
リップル(XRP/Ripple)のニュース、最新情報まとめ
リップルのニュース、最新情報 2018年に入り、リップルの新しい提携や価格予測のニュースが次々と登場しています。コインメディアでは、リップルの最新情報やニュースをお伝えしていきます...

 

リップルの関連記事
特徴、仕組み リップル(Ripple/XRP)とは?特徴や仕組み
将来性 リップル(XRP)の将来性、今後の価格はいくらまで上がる?
取引所、買い方 リップル(XRP)の取引所おすすめランキング!買い方や購入方法
ウォレット リップル(XRP)のおすすめのウォレット!日本語対応や安全性で比較!

 

 3 Reasons Why Amazon Will Choose Ripple (XRP) in 2018
参考記事はこちら

コインメディアのLINE@のミドルバナー②

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【急上昇!】BITPoint


初心者にはもちろん上級者にも好評!充実の取引ツール!大手企業が運営で安心&MT4搭載で初心者から上級者までおすすめ!

bitpointレクタングルバナー

【1位】GMOコイン


一部上場企業GMOインターネットグループのグループ会社で安心・安全!販売所形式で初心者でも簡単にリップルなどの人気銘柄の売買ができる!

【2位】ビットバンク


ビットコイン、アルトコインの取引手数料が無料!中級者以上に人気の取引所!

【3位】DMM Bitcoin


国内では珍しいアルトコインFX対応!現物取引ではビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)の売買手数料が無料であるため、おすすめ!

関連キーワード
  • firstprojectonhuobiprime
    【速報】HuobiGlobalがダイレクトプレミアムオファリング(DPO)プラットフォーム HuobiPrimeローンチを発表! 第一弾はTOPNetwork(TOP)が上場
  • 事件
    【速報】Monappy(モナッピー)のモナコイン約1,500万円分詐取した人物を検挙。そのハッキング手法とは。
  • 早稲田大学人材育成プログラム主催のブロックチェーンカンファレンス
    早稲田大学人材育成プログラム主催のブロックチェーンカンファレンスが12月10日に開催予定!
  • コイン相場の使い方
    仮想通貨アプリ「コイン相場」の使い方を徹底解説!
  • NEM提携01
    バーレーン王国のフィンテック企業がNEMにパートナーシップ提携を要請!
  • ドバイの画像
    NEM(ネム)が中東市場の拡大に向け、ドバイ開催の世界政府サミットなどの主要会議に参加
おすすめの記事