ハッキングBitGrail

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやお得情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(JR東日本や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!
アプリもシンプルで使いやすく、売買手数料も無料なので初心者にはおすすめの取引所です!

イタリアの仮想通貨取引所が184億円分のNanoが盗難被害に

イタリアの仮想通貨取引所であるBitGrailが、2018年2月9日に1700万枚のNanoが盗難被害に遭ったことを発表しました。被害額は、約1億7000万ドル(日本円にして約184億円)にものぼります。

 

Nanoは「送金手数料が無料」、「送金スピードが超高速」であることで注目されており、2018年2月にBinance(バイナンス)に上場したことでも話題になっていました。

 

Nano以外の仮想通貨は被害にあってはいないとされていますが、同取引所は一時的に全ての通貨の入出金を停止しています。

コインチェックのNEMのハッキング被害に続く、2度目の大規模なハッキング事件であり、取引所に資金を預けっぱなしにしておく危険性が再度浮き彫りになった形になりました。

 

コインチェックのハッキング被害とその対応な度については、【2018年1月26日、コインチェック(Coincheck)の一連の騒動まとめ】にまとめてありますので、参考にしてください。

 

他の仮想通貨の価格への影響は少ないか

コインチェックのハッキング被害が発表された際には、NEM以外の仮想通貨にも大きな影響を与えましたが、現在のところビットコイン(BTC)は11%増、イーサリアム(ETH)は12%増と価格を推移させており、価格への影響は小さい模様です。

 

Cryptocurrency Worth $170 Million Missing From Italian Exchange
参考記事はこちら

LINE@バナー_648_200

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。取引手数料無料!



 



おすすめの記事