フランスが仮想通貨取引に掛かる税率を45%から一律19%に変更を発表!

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(伊藤忠商事や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!アプリもシンプルで使いやすく、初心者にはおすすめの販売所です!※ディーカレットは取引所のサービスも開始しました。

フランスが仮想通貨売買にかかる税率を19%に変更!

フランス政府が、仮想通貨の売買に掛かる税率が45%以上という高水準から19%へ変更することを発表しました。今回の税率の大幅な変更は「フランス政府が仮想通貨の資産認定を不動産から動産へと変えたこと」が起因しています。

 

これまでフランス政府は仮想通貨を不動産として認定していたため、45%以上という税率が適用されていました。しかし、フランス政府が仮想通貨の資産認定を「動産」として扱うことで、税法上は「知的財産」として該当するため、税率が大幅に下がりました。

 

今回フランス政府が発表したフランス政府の仮想通貨売買に掛かる税率の変更は、45%以上という非常に高い税率に対して、フランスの仮想通貨取引を行なう人々が訴訟を起こしてきた結果です。

日本の仮想通貨売買に掛かる税率について

現在、日本では仮想通貨取引で生じた利益は「雑所得」扱いとなり、所得税と同じ税率が仮想通貨取引の利益に課税されます。そのため、所得や仮想通貨トレードで生じた利益額に応じた累進課税となりますが、フランスと同水準の最大45%に税率で課税が行われます。今後、日本でも同様に仮想通貨資産の資産認定方法が変わり、税率が変わるのでしょうか。今後も動きに注目です。

 

▼CoinMedia編集部おすすめ!初心者必読の記事はこちら!

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。



 



おすすめの記事