仮想通貨NANO(XRB/ナノ)とは?今後や将来性、取引所や買い方を徹底解説!

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(伊藤忠商事や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!アプリもシンプルで使いやすく、初心者にはおすすめの販売所です!※ディーカレットは取引所のサービスも開始しました。

仮想通貨NANO(XRB/ナノ)とは?

Nano(ナノ)はもともとRaiBlocks(レイブロックス)という名前で展開されていた通貨ですが、2018年2月にリブランディングを経て、Nanoという名前に生まれ変わりました。リブランディング前から人気を博していた通貨で、現在も優秀な通貨として知られています。

 

この通貨について注目すべきなのは、ビットコインが抱えているスケーラビリティ問題や取引承認時間の長さ、マイニングの消費電力などの様々な問題を、シンプルなシステムによって補完するという事を目的としている点です。

 

また、DAGアルゴリズムを採用している点、海外取引所で多額のコインがハッキング被害にあった事、Binanceでの投票で一位を獲得した事など話題性にも富んでいます。今回の記事ではこれらの事に触れつつ、Nanoの魅力をじっくりと紐解いて行きます。

NANO(XRB)の特徴や仕組み

DAG

Nanoはブロックチェーンを採用しておらず、今話題になっているDAGという技術を採用しています。これはByteballやIOTAなどの通貨にも採用されている技術で、手数料無料やスケーラビリティ問題の解決を実現しています。DAGは日本語に訳すと「有効非巡回グラフ」であり、NanoのDAGには、以下のような2点の特徴があります。

DAGの特徴
ブロックチェーンとは異なり、複数のチェーン(アカウントチェーン)が存在し、それぞれのチェーンに取引情報が書き込まれる
マイニングを必要としない 

複数のアカウントチェーンが存在する

NANOの各アカウントチェーンは、各アカウントがそれぞれに関係する取引をまとめて管理しています。例えば、以下の図のアカウントAは、関連する取引をブロックNAから、ブロック0までに管理しています。

 

Nanoアカウントチェーン

出典:https://nano.org/en/whitepaper

 

また、取引記録はそれぞれのアカウントチェーンに書き込まれ、例えばアカウントCからアカウントAに送金した場合、アカウントCには送金履歴が書き込まれ、アカウントAには受信履歴が書き込まれることになります。(下の図では、Sが送金者、Rが受信者として表現されています)

 

NanoDAG説明02
出典:https://nano.org/en/whitepaper
アカウントチェーンはネットワーク全体とは非同期的で、即座に更新されるようになっています。

そのためNanoの送金速度は非常に早く、高速な事で有名なリップル(XRP)さえも凌ぐほどの実力だそうです。そして、この構造により、スケーラビリティ問題への対応も可能となっています。

マイニングを必要としない

マイニングが不必要であるため、マイナーに対する採掘報酬は一切なく、ICOの時点で全てのトークンの配布が完了しています。また、Nanoでは二重支払いなどの疑いが持たれている取引についてのみ、dPoS(delegated Proof of Stake)というシステムが用いられます。

 

これは、PoS(プルーフ・オブ・ステーク)の亜種のようなものなのですが、NANOホルダーによる投票で承認者を選出し、ブロックの承認作業を行うというシステムになります。

手数料が無料

Nanoはそのシンプルな構造から維持費の大幅な削減に成功しています。また、マイニングも必要ないため、そこにかかるコストも削減されています。これらの理由からNanoは送金手数料が無料になっています。

NANO(XRB)の将来性、今後の価格

Binance投票で1位

Nanoは世界最大の仮想通貨取引所、Binance(バイナンス)での投票で1位を獲得したという目覚ましい経歴があります。この投票は同取引所に新たに上場する通貨を決めるためのもので、Nanoは見事上場を確定させました。

 

この事からもわかるように、Nanoは非常に多くの人に支持されている人気の通貨で、コミュニティが強いことが裏付けられています。

BitGrailでの盗難事件

ハッキングBitGrail

今年の2月にイタリアの取引所、BitGrail(ビットグレイル)から211億円相当のNanoが流出するという大事件が発生しました。ハッキング被害にあったのは、1700万XRBで当時は1XRB1250円の値がついていました。

 

1700万枚はNanoの総発行枚数の13%に相当する枚数で、事件直後は大暴落を記録しました。この件に関して、BitGrailのCEOは「完全な補償は不可能」と、Nanoホルダーに対してTwitterで発信しました。

 

また、BitGrailのCEOはもともとRaiBlocksの開発グループに所属していたという情報もあり、詐欺的な疑惑もかけられていました。しかし、ハッキングの原因はNano自体ではなく、BitGrailが使用していた管理ソフトウェアにあったとされています。

 

BitGrailのハッキング事件について知りたい方は、【イタリアの仮想通貨取引所BitGrailで184億円分のNanoが盗難被害に】を参考にしてください。

NANO(XRB)の購入におすすめの取引所

Binance(バイナンス)

Nanoの購入には取引高が世界最大の仮想通貨取引所、Binance(バイナンス)での購入がオススメです。先述のように、Nanoは投票で1位に選ばれて上場されているため、利用者が多く流動性も非常に高いです。

 

Binanceでは200種類以上の通貨が取り扱われている分通貨ペアも豊富です。さらに、取引にかかる手数料も0.1%と比較的安めに設定されているなど、メリットが多い取引所になっています。

 

Binanceの登録で分からないことがあったら【Binance(バイナンス)の口座開設、登録、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください。

NANO(XRB)の買い方

現状Nanoは海外の取引所でのみ取り扱われているので、まずは国内の取引所でビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)を購入する必要があります。その後、購入した通貨を送金するという手順になります。

 

BinanceでNANOを購入する際は以下のような手順になります。

 

  • 国内の取引所でビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)を購入する
  • 購入した通貨をBinanceに送金する
  • 送金した通貨でNANOを購入する

 

また、Nano以外におすすめの仮想通貨についてさらに知りたい方は、【仮想通貨おすすめランキング!人気銘柄を時価総額・将来性で比較!】を参考にしてください。

記事の監修者

中島翔

中島 翔

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。その後は金融業界のマーケット部門業務を目指し、2年間で証券アナリスト資格を取得。あおぞら銀行では、MBS(Morgage Backed Securites)投資業務及び外貨のマネーマネジメント業務に従事。さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワードトレーディング及び、クレジットトレーディングに従事。その後国内大手仮想通貨取引所Coincheckでトレーディング業務、新規事業開発に携わり、NYのブロックチェーン関連のVCを経てCWC株式会社を設立。証券アナリスト資格保有 。

Twitter : @sweetstrader3 / Instagram : @fukuokasho12

▼CoinMedia編集部おすすめ!初心者必読の記事はこちら!

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。



 



おすすめの記事