ライトコイン(LTC)が1000ドルに到達すると考えられる理由

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやお得情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(伊藤忠商事や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!アプリもシンプルで使いやすく、初心者にはおすすめの販売所です!※ディーカレットは取引所のサービスも開始しました。

LitepayとLitepalによって、ライトコインの価格は高騰か

「ビットコインが金なら、ライトコインは銀」と呼ばれているように、ライトコイン(LTC)はビットコインの決定を改良した仮想通貨として知られています。

 

ライトコインは、2018年中にLitepayとLitepalという2種類のライトコイン支払処理サービスを提供していく予定ですが、多くの加盟店が導入をすることで、ライトコインの価格は高騰していくと考えられています。

 

「Litepay」とは、ライトコイン決済ができるプロダクトであり、クレジットカードよりも安い加盟店手数料であるため、導入する加盟店にもメリットが大きいと考えられています。また、「Litepal」とは、サービスの詳細は明らかになっていませんが、ライトコインファーストの支払処理サービスであり、2018年後半にリリースされる予定になっています。

 

また、Eコマースの大手企業の1つであり、ワードプレスでネットショップを作れるプラグインを提供している企業「WooCommerce」が、加盟店がライトコインで支払いを受けることができるプラグインを所有していることは、ライトコインが他の仮想通貨よりも頭1つ抜きんでていることを示しています。

 

下落相場時に最高のハッシュレートを記録

LTCFoundationのDirectorである、Franklyn氏は以下のようにツイートしています。

「ライトコインは、2018年1月から2月初頭の仮想通貨下落相場であった際にも、過去最高のハッシュレート、セキュリティを記録した」

ハッシュレートとは、マイニングが行われる速度のことであり、ハッシュレートが高い=多くのマイナーがマイニングに参加していることを示し、通貨の信頼性が高いことを表しています。

Aliantがライトコインでの決済機能を新たに採用

決済代行や決済サービスを提供するアメリカのマーチャントソリューションプロバイダーである「Aliant」は、ライトコインでの決済機能を新たに追加することを発表しました。

 

Aliantは、2017年にビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)での決済機能を追加しており、今回新たにライトコインが追加されることになりました。

 

同社のCEOであるEric Brown氏は、ライトニングネットワークSegwitの採用に興味を示しており「私たちはライトコインが毎日の支払いの選択肢の1つとして浮上することや、レストラン、バー、コーヒーショップ、ガソリンスタンドなどで支払いができるようになることを期待しています」とコメントしています。

 

ライトニングネットワークに加えて、現在、取引所など第三者の仲介なしで取引ができる『アトミックスワップ』が、ビットコインとライトコインの間で開発されているため、ビットコインでの決済を採用している加盟店が、ライトコイン決済を採用しない理由はない」と同氏は考えています。

ライトコインは2018年3月に1000ドルに達成する可能性もある

ライトコインは、2017年に7500%の値上がりを記録し、最も成功した仮想通貨の1つとして知られています。ライトコインの成功要因の1つは、「送金手数料が安く、トークンとの交換に多く用いられた」ことであり、ライトコインの取引所での採用率は、3位になっています。

 

リップル(XRP)Stellar(XLM)を送金手数料が安い通貨であると多くの人は議論するかもしれませんが、ライトコインほど取引所採用率が高くなく、ライトコインと同じステージにないことは無視することができません。

 

SEC(米国証券取引委員会)やCFTC(米国商品先物取引委員会)の対応次第になりますが、仮想通貨全体が上昇トレンドを維持することができた場合、早くて3月にライトコインの価格は、1000ドルに到達する可能性があるでしょう。

 

また、ライトコインは、国内取引所のビットフライヤーで簡単に購入することができます。ビットフライヤーは、高セキュリティの安心・安全の取引所になりますので、まだ登録していない人は早めの登録をおすすめします。

bitFlyerの登録で分からないことがあったら【ビットフライヤー(bitFlyer)の口座開設、登録、本人確認方法】を参考にしてください。

 

さらに詳しくライトコインを購入することができる取引所や、実際の買い方について知りたい方は、【ライトコイン(LTC)におすすめの取引所、買い方、購入方法】を参考にしてください。

 

 

ライトコインの関連記事一覧
特徴ライトコインとは?特徴、仕組み、ビットコインとの違いを徹底解説!
取引所ライトコイン(LTC)におすすめの取引所、買い方、購入方法を解説!
将来性ライトコイン(LTC)の今後の価格・将来性について徹底解説

 

Why will Litecoin (LTC) reach $1000 USD Sooner than you think
参考記事はこちら

LINE@バナー_648_200

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。



 



おすすめの記事