仮想通貨

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやお得情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(JR東日本や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!
アプリもシンプルで使いやすく、売買手数料も無料なので初心者にはおすすめの取引所です!

フィリピン証券取引委員会(SEC)がICOへの規制を計画

フィリピン証券取引委員会(SEC)は、投資者保護や詐欺被害のリスクを減らすために、仮想通貨の取引(ICO)を規制する予定であると発表しました。フィリピン証券取引委員会は、1月の初旬に有価証券登録規則を引用して、ICOを実施している4社に対して停止命令を出していますが、さらにICOへの規制は強まりそうです。

 

フィリピン証券取引委員会のコミッショナーである、Emilio Aquino氏は記者会見で以下のような内容を話しています。

 

  • ICOの実施者が資金調達後に、跡形もなく消えてしまうケースが多く、SECはそれを望んでいない
  • 仮想通貨の新規発行と登録が規制される予定で、今年中には規制が確定する見込み
  • 仮想通貨市場のサイバーセキュリティや、投資家の金融リテラシーと適格性に関するガイドラインが規制に含まれることを期待

 

また現地のニュース提供元であるPhilstar Globalによると、ICOを実施するためには、SECへの登録が必須になる可能性があるとされています。

 

2017年から、「中国でのICO全面禁止」、「イーサリアムの生みの親であるヴィタリックによるICOの問題点の指摘と新しいモデルの提唱」など、ICOへの風当たりは強まっています。

 

参考記事:DAICOとは?イーサリアム開発者ヴィタリックが提唱する新しいICOモデル

 

 

2018年はその傾向が一層強まる可能性がありますので、各国の動向に注意が必要です。また、フィリピン以外の各国の仮想通貨やICOへの規制状況については、【各国の仮想通貨・ICOへの規制状況まとめ】にまとめてありますので、こちらも是非参考にしていただければと思います。

 

Philippines SEC Plans to Regulate Cryptocurrencies, ICOs
参考記事はこちら

LINE@バナー_648_200

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。取引手数料無料!



 



おすすめの記事