公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやICO情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!
LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェックサイドバナー

現在口座開設で1,000円相当もらえるキャンペーン中!
大手企業IIJグループが運営、伊藤忠や電通も出資!満を持してオープンした国内取引所。取引手数料無料!
仮想通貨取引量国内No.1・セキュリティ国内No.1かつ取引手数料が無料!
リップルやイーサリアムなどのアルトコインの手数料が無料!
人気銘柄リップルの購入ができる!
一部上場企業GMOインターネットのグループ会社が運営。キャンペーンを頻繁に開催!アプリ『びっとれ君』も大人気。



フィリピン証券取引委員会(SEC)がICOへの規制を計画

フィリピン証券取引委員会(SEC)は、投資者保護や詐欺被害のリスクを減らすために、仮想通貨の取引(ICO)を規制する予定であると発表しました。フィリピン証券取引委員会は、1月の初旬に有価証券登録規則を引用して、ICOを実施している4社に対して停止命令を出していますが、さらにICOへの規制は強まりそうです。

 

フィリピン証券取引委員会のコミッショナーである、Emilio Aquino氏は記者会見で以下のような内容を話しています。

 

  • ICOの実施者が資金調達後に、跡形もなく消えてしまうケースが多く、SECはそれを望んでいない
  • 仮想通貨の新規発行と登録が規制される予定で、今年中には規制が確定する見込み
  • 仮想通貨市場のサイバーセキュリティや、投資家の金融リテラシーと適格性に関するガイドラインが規制に含まれることを期待

 

また現地のニュース提供元であるPhilstar Globalによると、ICOを実施するためには、SECへの登録が必須になる可能性があるとされています。

 

2017年から、「中国でのICO全面禁止」、「イーサリアムの生みの親であるヴィタリックによるICOの問題点の指摘と新しいモデルの提唱」など、ICOへの風当たりは強まっています。

 

参考記事:DAICOとは?イーサリアム開発者ヴィタリックが提唱する新しいICOモデル

 

 

2018年はその傾向が一層強まる可能性がありますので、各国の動向に注意が必要です。また、フィリピン以外の各国の仮想通貨やICOへの規制状況については、【各国の仮想通貨・ICOへの規制状況まとめ】にまとめてありますので、こちらも是非参考にしていただければと思います。

 

Philippines SEC Plans to Regulate Cryptocurrencies, ICOs
参考記事はこちら

コインメディアのLINE@のミドルバナー②

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【急上昇!】コインチェック(coincheck)


東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【1位】ディーカレット


現在口座開設で1,000円相当もらえるキャンペーン中! 大手企業IIJグループが運営の安心感。取引手数料無料!

ディーカレット

【2位】ビットバンク


ビットコイン、アルトコインの取引手数料が無料!中級者以上に人気の取引所!

【3位】GMOコイン


一部上場企業GMOインターネットグループのグループ会社で安心・安全!販売所形式で初心者でも簡単にリップルなどの人気銘柄の売買ができる!



おすすめの記事