Kucoin(クーコイン)のロゴ画像

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやお得情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(JR東日本や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!
アプリもシンプルで使いやすく、売買手数料も無料なので初心者にはおすすめの取引所です!

KucoinでBCH(ビットコインキャッシュ)が基軸通貨に!

2017年9月に香港を拠点に設立され、人気急上昇中の海外取引所の「Kucoin(クーコイン)」がビットコインキャッシュ(BCH)を基軸通貨に採用しました。これで「Kucoin」では、BCHで直接アルトコインを購入できるようになりました。

 

 

現時点では、全ての仮想通貨・トークンとペア通貨になっていませんが、今後BCHで直接取り引きできるペア通貨は間違いなく増加していきます。

 

1/20時点でBCHとペア通貨になっている通貨は下記の6種類となっています。

BCHがKucoinの基軸通貨に採用!

 

また、「Kucoin」以外に、BCHを基軸通貨に採用している仮想通貨取引所は「OKEX」「CoinEX」とすでに3つあります。

BCHの基軸通貨への採用の背景

現在、ビットコイン(BTC)の送金詰まりが課題となっていますが、BCHでの送金が増えることでBTCの送金詰まりが多少軽減する可能性が高いです。

 

最近は、イーサリアムを基軸通貨として採用する取引所も増えてきたため、イーサリアム(ETH)の送金が増加しましたが、結果的にイーサリアムでも送金詰まりが発生する事態となっています。イーサリアムの開発者ヴィタリック氏はこの問題に関して「2018年のうちに解決する」ことを目指して開発を進めています。

 

こういった背景もあり、BCHが基軸通貨として採用された可能性は高いです。また、中国政府がビットコインのマイニングを禁止するなど、今後「ビットコイン」から「ビットコインキャッシュ」への基軸シフトが今後さらに進む可能性があります。

 

当サイトおすすめの取引所については、【仮想通貨取引所おすすめランキング!】人気の仮想通貨・ビットコイン取引所25社を一覧比較にランキング形式でまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

 

 

海外取引所Kucoin(クーコイン)について

Kucoinは「海外取引所」ですが、日本語対応しているため海外取引所の初心者の方でもとても使いやすく、日本の取引所のように取引することが出来ます。

 

さらに、Kucoinは、取扱通貨数がとても多く、取引手数料がとても安く、取引画面がとても使いやすいという特徴を持っているため、今後高騰する可能性が高いコインにもっと安価な時から投資したいという中級者の日本人ユーザーが急増しています!

 

  • 取扱通貨数が多い(2018年中に1000種類を目指すと発表!)
  • 手数料が非常に安い
  • 取引画面がとても使いやすい

 

「Kucoin」は取扱通貨数の多さを今後も強化していく予定で、「2018年中に1000種類の取扱通貨数を目指す」と発表しています。

 

KuCoinの登録で分からないことがあったら【Kucoin(クーコイン)の口座開設、登録、二段階認証、入金方法を徹底解説!】を参考にしてください。
LINE@バナー_648_200

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。取引手数料無料!



 



おすすめの記事