タイICOアイキャッチ

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやICO情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!
LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェックサイドバナー

現在キャンペーン中!
大手企業IIJグループが運営、伊藤忠や電通も出資!満を持してオープンした国内取引所。取引手数料無料!
仮想通貨取引量国内No.1・セキュリティ国内No.1かつ取引手数料が無料!
リップルやイーサリアムなどのアルトコインの手数料が無料!
人気銘柄リップルの購入ができる!
一部上場企業GMOインターネットのグループ会社が運営。キャンペーンを頻繁に開催!アプリ『びっとれ君』も大人気。

タイの証券取引委員会(SEC)が今月後半に5つのICOを承認か

バンコックポスト(タイの英文新聞)が、タイの証券取引委員会(SEC)が「国内では50のICOプロジェクトが現在規制当局の承認を申請中ですが、そのうちの5つは先に進む立場にある」と述べたことを報道しました。

 

タイでは、以下のような「仮想通貨に関する規制枠組み」が5月15日に初めて発表されていて、SECの承認がないとICOの実施ができないということになっています。今回審査を通過する5つのICOプロジェクトに関しても、この「規制枠組み」が法律として施行される6月後半まで、トークンの発行を待たなければならないとされています。

①トークンの販売を開始する前に、各ICOプロジェクトが金融監視機関に登録し、承認を受けることを義務付ける
②個人投資家が各プロジェクトに投資できる上限金額を30万バーツ(約9,000ドル)に制限する

そして、今回審査を通過する5つのICOプロジェクトが「なぜ今回審査の承認を勝ち取ったのか?」という審査基準については、現在のところ発表されておらず、SECのコーポレートファイナンス部門の責任者は「審査が容易で、商業的な価値を持つプロジェクトのみが資金調達の可否の検討対象となる」ことを述べています。

 

もし今回の5つのICOが実施された場合、タイは規制された環境でICOを合法的に進めることを認可した最初の国になります。今回のタイの動きは、他の国のモデルケースとなる可能性もあり、5つのICOプロジェクトには今後注目が集まることは間違いないです。

 

また、各国のICOや仮想通貨規制については、【各国の仮想通貨・ICOへの規制状況まとめ】にまとめてありますので、こちらを是非参考にしていただければと思います。

 

 

 Thailand's SEC Expects to Approve 5 ICOs This Month
参考記事はこちら

LINE@バナー_648_200

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【急上昇!】コインチェック(coincheck)


東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【1位】ディーカレット


大手企業IIJグループが運営の安心感。取引手数料無料!



【2位】ビットバンク


ビットコイン、アルトコインの取引手数料が無料!中級者以上に人気の取引所!

【3位】GMOコイン


一部上場企業GMOインターネットグループのグループ会社で安心・安全!販売所形式で初心者でも簡単にリップルなどの人気銘柄の売買ができる!



おすすめの記事