黒マチャートとは?使い方や見方、設定方法を画像付きで分かりやすく解説!

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!取り扱い仮想通貨銘柄数日本最大級!

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
日本国内では新興の取引所ですが、グローバルでは世界三大暗号資産(仮想通貨)取引所の一つで、信頼性が高い取引所です。IOSTやENJなど、国内では取り扱いの少ない銘柄も販売所形式・取引所形式の両方で売買が可能です。OKBの取り扱いはオーケーコインだけ!

黒マチャートとは?

黒マチャートとは、2017年6月に開発された仮想通貨のゼロレイテンシーチャートの事です。ゼロレイテンシーチャートはラグを低減したチャートの事で、bitFlyerBitMexなどの取引所の値動きに対応しています。対応通貨は、ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)ビットコインキャッシュ(BCH)の3種類であり、ビットコインに関しては現物とFX、先物のチャートを見る事ができます。

 

黒マチャートは、キーボードのショートカットキーが設定されているので、覚えるとスムーズに操作できるようになる、アプリはありませんがスマホからもアクセスでき、パソコン版と変わらずに使う事ができるという特徴があります。

 

黒マチャートは、bitFlyerの公式チャートに「LightChart」として採用されており、2018年3月からbitFlyer Lightningに埋め込み表示されるようになりました。LightChartでは、最終約定価格がリアルタイムでチャートに反映され、テクニカル指標のひとつであるトレンドラインのオーバーレイを使って自分が見やすいように細かく設定できます。

 

※2018年9月10日から公式サイトの名称が「わくわく黒まランド(仮)」に変わっています。

黒マチャートの見方

黒マチャートではこのようなチャートを画面に最大6つまで表示できます。中央にチャート、左上に取引所と通貨が表示されています。その横にある時間の項目で、時間足を1分から1週間まで変更する事ができます。中央のプルダウンでは、表示するマーケットを選択できます。

 

チャートの右端の棒グラフは売買の数量を表すデプスチャートであり、下は出来高のグラフになります。右下には、普段は緑のランプが表示されていますが、表示に遅延が生じると黄色に変わります。

黒マチャート_使い方_1

出典:https://kuromat.ch/

黒マチャートの使い方

黒マチャートの設定について説明していきます。画面右上の歯車マークから設定画面を開けます。

黒マチャート_使い方_2

出典:https://kuromat.ch/

Overlaysは表示させる各トレンドラインの表示/非表示や細かい設定ができます。PricePopEffectをオンにすると、価格が変動した数値をリアルタイムで表示する事ができます。

黒マチャート_使い方_3

出典:https://kuromat.ch/

Boardがオンになっているとデプスチャートが表示されます。Groupingでは、デプスチャートの厚さを変更する事ができます。

黒マチャート_使い方_4

出典:https://kuromat.ch/

注文・建玉表示のオンオフ、Limit Scrollingは現在時刻より先にスクロールしないようにするかどうか、HiDPI/Retinaは高画質で表示するかどうか、Power Saveは省エネモードにするかどうかを変更できます

黒マチャート_使い方_5

出典:https://kuromat.ch/

以前は黒マチャートの設定画面の「Inago」でアラートの設定ができましたが、現在はできなくなっているようです。その代わり、bitFlyer Lightningのメニュー画面の「サウンド」から音のオンオフの設定などができるようになりました。

黒マチャート_使い方_6

黒マチャート設定方法(ビットフライヤー埋め込み)

上述したように、黒マチャートはbitFlyerで公式チャートとして採用されました。現在では設定をしなくても、bitFlyer Lightningのチャートを開くだけで黒マチャートが表示されるようになっています。

▼CoinMedia編集部おすすめ!初心者必読の記事はこちら!

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!取り扱い仮想通貨銘柄数日本最大級!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】オーケーコイン・ジャパン

IOSTやENJなど、国内では取り扱いの少ない銘柄も販売所形式・取引所形式の両方で売買が可能です。OKBの取り扱いはオーケーコインだけ!



おすすめの記事