ソニーがブロックチェーン技術を用いて、著作権管理システムを開発!

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやお得情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(伊藤忠商事や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!アプリもシンプルで使いやすく、初心者にはおすすめの販売所です!※ディーカレットは取引所のサービスも開始しました。

ソニーがブロックチェーン技術を用いて、著作権管理システムを開発!

ソニー株式会社がブロックチェーン技術を応用したデジタルコンテンツの著作権管理システムを開発を発表しました。開発予定のシステムはソニー・グローバルエデュケーションが開発した「教育データの認証・共有・権限管理システム」をもとに、デジタルコンテンツの著作権情報を管理する機能を追加した新システムになる予定です。

 

開発されるシステムの利用ケースとしては、「著作権の自動生成」や作成日時や作成者の詳細などの情報の「共有」且つ「検証」を可能にするものになると発表しています。ソニーが発表したプレスリリースは下記のとおりです。

ソニー株式会社、株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント、株式会社ソニー・グローバルエデュケーションは、ブロックチェーン技術※1を応用してデジタルコンテンツの権利情報処理を行うシステムを開発しました。本システムは、ソニーとソニー・グローバルエデュケーションが開発した「教育データの認証・共有・権限管理システム」をベースに、デジタルコンテンツに関わる権利情報を処理する機能を追加した新システムとなります

 

本システムの開発目的に関して、ソニー社は「情報伝達技術の発達により、誰もがコンテンツを発信できるようになっており、従来の著作権管理方法を代替するシステムが必要になる」と述べています。

 

これまでレコード会社に所属して音楽を配信するのが通常だったのに対して、現在ではyoutubeなどのプラットフォームで誰でも配信することが可能になっています。このように世の中に発信されるコンテンツ量が増加したことで、権利関係を効率的に処理する必要性が生じているという背景があります。

今日デジタルコンテンツ制作の技術発展により誰もがコンテンツを発信することができますが、それらの権利情報の管理は、従来通り業界団体等による管理や作者自身によって行われており、効率的な著作物の権利情報の処理や証明も必要とされています。

 

ソニーはあまり知られていませんが、ブロックチェーン技術の採用に積極的な姿勢を以前から見せています。

 

「iPR Daily」という知的財産権に関する専門メディアのリサーチでは、ソニー社はブロックチェーン関連特許申請した企業のTOP30位にランクインするなど積極的にブロックチェーン技術の研究開発を行っています。今後もSONYがブロックチェーンを活用したシステム開発を行っていくことが予想されます。

 

また、ブロックチェーンについてさらに詳しく知りたい方は、【ブロックチェーンとは?仕組みや活用例を図解付きで分かりやすく説明!】を参考にしてください。

 

参考記事はこちら

LINE@バナー_648_200

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。



 



おすすめの記事