• 2018年ICOおすすめランキングの画像 ICO
    【仮想通貨ICO】2019年おすすめランキング!注目案件を一覧で紹介!
    2018年1月29日
  • 仮想通貨取引所ランキングの画像 取引所
    【仮想通貨取引所おすすめランキング!】人気の仮想通貨・ビットコイン取引所25社を一覧比較
    2017年12月12日
  • 海外取引所おすすめランキングの画像 取引所
    海外の仮想通貨取引所18社を比較!おすすめランキング!
    2018年1月6日
  • 仮想通貨おすすめランキングの画像 仮想通貨
    仮想通貨おすすめランキング!人気銘柄を時価総額・将来性で比較!
    2017年12月22日
ビットコイン

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやICO情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

びっくりマークBITPoint初心者にはもちろん上級者にも好評!充実の取引ツール!
東証二部上場企業のリミックスポイントの子会社が運営!5種類の取り扱いコインが手数料無料で購入できる!
金王冠GMOコイン人気銘柄リップルの購入ができる!
一部上場企業GMOインターネットのグループ会社が運営。リップルやライトコインといった人気銘柄を購入できる!
ビットバンク取引手数料が無料!
リップルやイーサリアムなどのアルトコインの手数料が無料!
銅王冠DMM Bitcoin国内では珍しいアルトコインFX対応!現物取引ではビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)の売買手数料が無料!

貸仮想通貨(レンディング)とは?

貸仮想通貨(レンディング)とは、保有している仮想通貨を取引所に貸し出す事で利息を得るサービスの事です。レンディングの契約期間中は資産を動かす事はできず、貸し出された通貨は取引所を介して通貨を借りたい人に貸し出され、その利息の一部を受け取る事ができるという仕組みになっています。

 

仮想通貨レンディング仕組み説明01 (1)

 

上記の画像を見ても分かるように、取引所は、借り手(レバレッジ取引を行いたい人)に対して預かった仮想通貨を貸し出し、利子①(貸し手に支払う利子)と利子②(借り手からもらう利子)の差額を利益としています。

貸仮想通貨(レンディング)のメリット

預けているだけで利息を得ることができる

レンディングの最大のメリットは、預けているだけで利息を得て資産を増やす事ができるという点です。トレーディングをしないので、保有している通貨を当分の間は売却する予定の無い人、つまりガチホする予定の人に向いているサービスです。また、トレーディングに自信の無い人や経験の無い人でも行う事ができます。

貸仮想通貨(レンディング)のデメリット

預けている間は売却できないため、下落相場時に損切することができない

仮想通貨の市場は相場の変動が激しく、急騰や暴落が起きやすいです。レンディングしている資産は動かす事ができない為、暴落が起きた時でも売却して損切りする事ができないというデメリットがあります。途中解約できる取引所もありますが、解約手数料がかかってしまいます。

取引所の倒産リスク

レンディングは基本的に無担保で貸すので、もし預けている取引所が倒産してしまった場合にレンディングした資産が戻ってくる可能性は低いです。また、レンディングに対する補償はほぼ無いと考えてよいので、事前によく確認しておく事が必要です。

貸仮想通貨(レンディング)におすすめの取引所

ビットバンク(bitbank.cc)

bitbank.ccLP

ビットバンクはビットコインのレンディングに対応しており、毎月1日から月末までを募集期間(募集月)としてレンディングサービス申込みの募集を行っています。以下の表を見ても分かる通り、貸し出すビットコインの数量によって利率が変化する仕組みになっています。

 

項目 説明
対応通貨 ビットコイン(BTC)
レンディング期間 1年
申込単位(申込数量) 1~25BTC
年利 5BTC未満:3%

5BTC以上10BTC未満:4%

10BTC以上:5%

解約手数料 5%

 

ビットバンクの登録で分からないことがあったら【bitbank.cc(ビットバンク)の口座開設、登録、本人確認、二段階認証】を参考にしてください。

GMOコイン

GMOコイン_LP

GMOコインのレンディングは不定期で行われており、今後いつ募集しどのくらいの期間行うかは不明です。

 

対応している通貨は今までに、ビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)、リップル(XRP)の5種類がありました。2018年5月にはアルトコインのみの募集があり、その募集要項は以下の表のようになっています。

 

項目 説明
対応通貨 ビットコインキャッシュ(BCH)

イーサリアム(ETH)

ライトコイン(LTC)

リップル(XRP)

レンディング期間 150日間
申込単位(申込数量) ビットコインキャッシュ:50BCH(50~500BCH)

イーサリアム     :100ETH(100~1,000ETH)

ライトコイン     :300LTC(300~3,000LTC)

リップル       :100,000XRP(100,000~1,000,000XRP)

年利 税込5%
解約手数料 解約手数料=(貸出数量×貸出期間(日)×利率)/365
GMOコインの登録で分からないことがあったら【GMOコインの口座開設、登録、本人確認方法、二段階認証方法】を参考にしてください。
コインメディアのLINE@のミドルバナー②

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【急上昇!】BITPoint


初心者にはもちろん上級者にも好評!充実の取引ツール!大手企業が運営で安心&MT4搭載で初心者から上級者までおすすめ!

bitpointレクタングルバナー

【1位】GMOコイン


一部上場企業GMOインターネットグループのグループ会社で安心・安全!販売所形式で初心者でも簡単にリップルなどの人気銘柄の売買ができる!

【2位】ビットバンク


ビットコイン、アルトコインの取引手数料が無料!中級者以上に人気の取引所!

【3位】DMM Bitcoin


国内では珍しいアルトコインFX対応!現物取引ではビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)の売買手数料が無料であるため、おすすめ!

仮想通貨用語集の関連記事
  • NEM(XEM)の特徴・将来性
    NEM(ネム)財団とは?活動内容や主要メンバー、コインチェック事件の対応について
  • コインチェック
    和田晃一良(元コインチェック社長)とは?経歴や年収、現在について徹底解説!
  • 仮想通貨デイトレードアイキャッチ
    仮想通貨(ビットコイン)のデイトレードとは?やり方やコツ、おすすめの取引所を解説!
  • Guardian I 仮想通貨税務の心強いミカタ
    Guardian(ガーディアン)とは?仮想通貨の確定申告に詳しい税理士紹介サービスを徹底解説!
  • トークンエコノミーアイキャッチ
    トークンエコノミーとは?メリットやデメリット、事例を徹底解説!
  • ビザンチン将軍問題アイキャッチ01
    ビザンチン将軍問題とは?意味やブロックチェーンとの関係性を徹底解説!
おすすめの記事