金融庁発表の画像

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやお得情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(JR東日本や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!
アプリもシンプルで使いやすく、売買手数料も無料なので初心者にはおすすめの取引所です!

国内仮想通貨取引所2社が撤退へ

Mr.Exchangeと東京ゲートウェイが仮想通貨交換事業への登録申請を取りやめることを発表しました。2社とも預かっている仮想通貨・現金の返還手続きを経て、仮想通貨事業から撤退するとしています。上記2社が事業者登録への申請を取りやめたことで、これまで申請を取り下げた「みなし事業者」は下記の5社に増えました。

 

  • ビットステーション
  • ビットエクスプレス
  • 来夢
  • Mr.Exchange
  • 東京ゲートウェイ

 

コインチェックのNEM不正送金事件以来、投資家保護やマネーロンダリング防止に向けて、金融庁の仮想通貨関連事業に対する監視の目は強くなっています。既に仮想通貨交換事業主届けが受理されているGMOコインやZaifも業務改善命令が出されるなど、みなし事業者以外にも厳しい目が向けられています。

 

詳細は【金融庁がコインチェックなど仮想通貨交換業者7社に行政処分を発表!】を参考にしてください。

 

また、国内取引所のみならず海外取引所であるBinance社にも3月23日には営業停止を求める動きを取っています。

金融庁がBinance(バイナンス)に営業停止を求める方針を発表!

 

このように金融庁の仮想通貨関連の規制が強くなっていく中で、仮想通貨交換事業から撤退する企業が増えています。一方で、ヤフーやLINE、サイバーエージェントといった大手IT企業が仮想通貨交換事業への市場参入を次々と表明しています。

 

しかし、2017年夏にはサービス開始予定と発表していたSBIは、2018年3月現在でサービス開始に至っていないなど、新規参入を表明している大手IT企業が金融庁の厳しい事業者審査を通過して、サービス開始することが出来るのか、いつ頃サービス開始予定なるのかは不透明です。

 

国内大手IT企業の新規参入に関する最新情報は随時、情報発信していきます。

 

また、新規参入を表明している大手IT企業は下記にまとめています。

 

企業名サービス名
サイバーエージェント(CA)CA Bitcoin
DMMDMM Bitcoin

cointap(コインタップ)

GMOGMOコイン(ビットレくん)
SBIVCTRADE(SBIVC)

Digital Asset Exchange(DAE)

LINE・サービス名未定
LINE@バナー_648_200

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。取引手数料無料!



 



おすすめの記事