金融庁が仮想通貨交換業者の登録審査に関する資料を公開!

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやお得情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(伊藤忠商事や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!アプリもシンプルで使いやすく、初心者にはおすすめの販売所です!※ディーカレットは取引所のサービスも開始しました。

金融庁が仮想通貨交換業者の登録審査に関する資料を公開!

金融庁は24日、仮想通貨交換業者の登録審査について発表を行い、以下の3つの資料を公開しました。

 

 

仮想通貨業界への参入を考えている事業者は多く、金融庁は「登録プロセスの明確化」と「透明性の向上」が重要であるとしています。

仮想通貨交換業者の登録審査プロセス

登録審査の主なプロセスは大きく分けて3つの段階があり、下図からわかるように役員ヒアリング書面審査訪問審査の順となります。

出典:https://www.fsa.go.jp/news/30/virtual_currency/20181024-1.pdf

 

登録を希望する事業者は、実際にどのような部分がチェックされるのかをより詳細に書いた「仮想通貨交換業者の登録審査における主な論点等」から把握することができます。

 

また、今年1月に起きたコインチェック事件以降、金融庁が実施した立入検査やモニタリングで浮き彫りとなった問題点に関する「中間とりまとめ」も8月に公開されており、自己点検に活用してほしいとのことです。

金融庁の動き

金融庁は9月に「変革期における金融サービスの向上にむけて~金融行政のこれまでの実践と今後の方針~(平成30事務年度)」を公開し、審査プロセスにおける「予見可能性の確保」と「効率化」の重要性を主張してしており、その結果今回の審査プロセス公開に繋がりました。

 

金融庁の発表ページはこちら

 

LINE@バナー_648_200

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。



 



おすすめの記事