SECが再審査中のビットコインETFに修正箇条を提出!10月26日以降に判断か

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(伊藤忠商事や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!アプリもシンプルで使いやすく、初心者にはおすすめの販売所です!※ディーカレットは取引所のサービスも開始しました。

SECが再審査中のビットコインETFに修正箇条を提出!10月26日以降に判断が下る見込み

米国証券取引委員会(SEC)が資産管理会社3社が行っている9つのビットコインETF(上場投資信託)申請に関して、各3つの修正箇条(Amendment)を発令したことが発表されました。ETF申請を行っている各資産管理会社はSECの修正箇条に対して10月26日までに「賛成、または反対のコメント」を提出する必要があります。

 

これまでのビットコインETFの経緯としては、米国証券取引委員会(SEC)は8月22日に、3社の資産管理会社が申請を行っていた9種類のビットコインETF申請をすべて否決したと発表を行いました。

 

しかし、翌日にSEC幹部の1人が、否決判断に対して一時保留を行い、これらのビットコインETF申請の再審査を行うことを発表しておりました。昨日、提出されたSECの修正箇条の提出をもって再審査が一段落したと見られています。

 

また、この再審査プロセス中は、ProShares、GraniteShares、Direxionに対して以前発令されたビットコインETF申請の否決命令は有効であると述べています。今後のプロセスとしては10月26日までにビットコインETF申請を行っている3社の資産管理会社が「賛成、または反対コメント」の提出を行い、10月26日以降に米国証券取引委員会がETFに関する判断を下すと見られています。

 

コインベース、ゴールドマンサックスを始めとする大手金融機関は、機関投資家に対してデジタル通貨資産の取引サービスの提供を行うため、信頼できるカストディソリューションの開発を行っています。

こういった伝統的な金融機関による仮想通貨投資サービスの提供に向けた動きを受けて、ウォール街の著名アドバイザリーのエデルマン・ファイナンシャル・サービス社会長のRic Edelman(リック・エデルマン)氏は「ビットコインETFが承認された場合、金融市場から莫大な資本流入が起こる」とCNBCのインタビューで回答を行い、話題になっています。

 

ビットコインETFに関して詳しく知りたい方は「ビットコインETFとは?上場承認はいつになるのかを分かりやすく解説!」で分かりやすく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

参考記事はこちら

▼CoinMedia編集部おすすめ!初心者必読の記事はこちら!

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。



 



おすすめの記事