Bakktの「ビットコイン先物取引」が来週にもCTFCによって承認予定か?

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやお得情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(伊藤忠商事や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!アプリもシンプルで使いやすく、初心者にはおすすめの販売所です!※ディーカレットは取引所のサービスも開始しました。

Bakktの「ビットコイン先物取引」が来週にもCTFCによって承認予定か?

Bakktは12月12日から「現物決済のBakktビットコイン先物取引」の提供開始予定であることを発表していましたが、現在はCTFC(米商品先物取引委員会)の承認待ちのステータスになっていますが、早ければ来週にもCTFCから承認を得る可能性があると「The Block」が報道しています。

 

The Blockによると、Bakkt(バックト)は、米商品先物取引委員会(CFTC)と承認を得るために直近数週間、交渉を重ねています。The Blockは匿名の関係者の話として、「早ければ11月上旬にビットコイン先物契約の承認が降りる見込みである」と述べています。

 

Bakktの先物取引は、ビットコイン先物契約を一つ購入されると、購入者の口座に1BTCが送金される仕組みになっているので、現物市場に対する影響が大きいと見られており、マーケットからも注目を集めています。

 

仮想通貨取引所Bakkt(バックト)は、NY証券取引所の親会社である「Intercontinental Exchange(ICE)」が母体となり、マイクロソフトやスターバックス、ボストンコンサルティンググループなどグローバル企業が共同開発しており、グローバル大手企業が合同で仮想通貨市場に参入するため、仮想通貨界隈では大きな注目を集めています。

 

参考記事はこちら

LINE@バナー_648_200

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。



 



おすすめの記事