タイでICOが合法化へ!7月16日から新規制の施行を発表!

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやお得情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(伊藤忠商事や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!アプリもシンプルで使いやすく、初心者にはおすすめの販売所です!※ディーカレットは取引所のサービスも開始しました。

タイでICOが合法化!新規制が7月16日から適用開始!

タイ証券取引委員会(タイにおけるSEC)は、タイ国内のICO(イニシャル・コイン・オファリング)に関する法規制を7月16日から施行すると発表しました。このICOに関する法規制は「ICOを禁止するものではなく、ICOを容認していく方針で、適切な法的枠組みを整備していく」ものです。今後、タイにおいてICOはビジネスを行う際の資金調達手段の1つとして合法的に利用されることになります。

 

新しい法規制のもとでは、今後タイでICOを行うプロジェクトは、二段階審査で承認を得る必要があります。まず1つ目の審査として「ICOポータル」上で審査を受けます。そして、一段階目の審査を突破したプロジェクトは、タイSECによる二段階目の審査を受けます。

 

要するに、ICOポータル上で承認されなければ、SECによるトークン発行と販売の申請について検討すらしてもらうことができないという仕組みです。この法規制が施行されれば、今後多くのICOプロジェクトがタイに流入してくることが考えられます。そこで、タイSECが多数のICOプロジェクトからの申請に対応出来るように、二段階の審査体制になっていると考えられます。

 

また、ICOポータル上で申請を行うには、いくつか条件があります。主な条件としては下記のような条件があります。

タイのICOポータルにおける申請条件
・タイの企業である
・最低500万バーツ以上(約1500万/15万ドル)の資本金
・技術的なスキル、投資計画の全面開示

タイ政府は、3月に仮想通貨とICOの規制に関する法規制の草案を発表しており、5月にはタイの証券取引委員会(SEC)が5つのICOプロジェクトを承認したことで話題になりました。しかし、審査項目などが公表されていないため、「どういった理由で5つのプロジェクトが承認を得たのか」また、「他のICOプロジェクトがなぜ落ちたのか?」と話題になっています。まだまだ課題はありそうですが、わずか4ヶ月後の7月に新たな法規制が施行されるという非常に早いスピードで法規制の制定にこぎつけています。

 

この法規制が施行されたら「タイは合法的にICOを実施出来る世界でも数少ない国家」となります。また、最近では、韓国でも同様の動きがあり、ICOの法制化に向けた検討を進めています。

 

また、各国の仮想通貨やICOに対する規制については、【各国の仮想通貨・ICOへの規制状況まとめ】にまとめてありますので、参考にしてください。

 

 

参考記事はこちら

LINE@バナー_648_200

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。



 



おすすめの記事