リップル社がロビー活動を行う業界団体「SAIV」の設立を発表!

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやお得情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(伊藤忠商事や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!アプリもシンプルで使いやすく、初心者にはおすすめの販売所です!※ディーカレットは取引所のサービスも開始しました。

リップル社が仮想通貨の新業界団体SAIVの設立を発表!

リップル社(Ripple社)はアメリカの政治の中心地であるワシントンDCでのロビー活動を目的とした団体「SAIV(Securing America’s Internet of Value Coalition)」を設立しました。

 

SAIVは、仮想通貨のロビーイングを目的にした活動団体で、リップル社をはじめ、リップルワークス財団、リップル社の元CTOが社長を務めるCoil社、PolySignなどリップル社と関連性が高い企業で構成されています。

 

さらに、有名IT企業などで顧問を務めるロビー企業Klein Johnsonグループと契約を行っています。また、ロビーイング活動の一部報酬がXRP(リップル)で支払いが行われることも発表されています。

 

変化の激しい仮想通貨市場において、イノベーションを妨げずに促進するように政府に働きかけを行います。SAIVは議会やSECなど仮想通貨規制に関与する機関に対してロビーイング活動を行う予定と発表しています。

報酬の一部をリップル(XRP)で支払う

SAIVではロビーイング活動に対する一部報酬がリップル(XRP)で支払いが行われることが発表されています。例えば、SAIVと契約しているKlein Johnson Groupは毎月の顧問費用は25,000ドル(約250万円)とはべつに、10,000 XRP(約60万円)で支払われます。

 

SAIVのロビーイング活動に対してXRPで報酬を支払う目的について、リップル社のクリス・ラーセン氏は、「報酬をXRPで支払う目的は、XRPを介して仮想通貨業界に実際に触れてもらうことです。」と語っています。XRPからドルへの転換に関して、規定されているロビー活動報告書で公表した上で実施する意向を示しています。

 

また、リップルの最新情報やその他のニュースについて知りたい方は、【リップル(XRP/Ripple)のニュース、最新情報まとめ】を参考にしていただければと思います。

 

リップルの関連記事
特徴、仕組みリップル(Ripple/XRP)とは?特徴や仕組み
将来性リップル(XRP)の将来性、今後の価格はいくらまで上がる?
取引所、買い方リップル(XRP)の取引所おすすめランキング!買い方や購入方法
ウォレットリップル(XRP)のおすすめのウォレット!日本語対応や安全性で比較!

 

参考記事はこちら

LINE@バナー_648_200

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。



 



おすすめの記事