リップルアイキャッチ

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやお得情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!
LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェックサイドバナー

大手企業IIJグループが運営、伊藤忠商事や電通グループも出資!満を持してオープンした国内販売所。取引手数料無料!
仮想通貨取引量国内No.1・セキュリティ国内No.1!
ワンタップで買える販売所のスプレッドが業界最狭クラス!
人気銘柄リップルの購入ができる!
一部上場企業GMOインターネットのグループ会社が運営。キャンペーンを頻繁に開催!アプリ『びっとれ君』も大人気。

リップル社が仮想通貨の新業界団体SAIVの設立を発表!

リップル社(Ripple社)はアメリカの政治の中心地であるワシントンDCでのロビー活動を目的とした団体「SAIV(Securing America’s Internet of Value Coalition)」を設立しました。

 

SAIVは、仮想通貨のロビーイングを目的にした活動団体で、リップル社をはじめ、リップルワークス財団、リップル社の元CTOが社長を務めるCoil社、PolySignなどリップル社と関連性が高い企業で構成されています。

 

さらに、有名IT企業などで顧問を務めるロビー企業Klein Johnsonグループと契約を行っています。また、ロビーイング活動の一部報酬がXRP(リップル)で支払いが行われることも発表されています。

 

変化の激しい仮想通貨市場において、イノベーションを妨げずに促進するように政府に働きかけを行います。SAIVは議会やSECなど仮想通貨規制に関与する機関に対してロビーイング活動を行う予定と発表しています。

報酬の一部をリップル(XRP)で支払う

SAIVではロビーイング活動に対する一部報酬がリップル(XRP)で支払いが行われることが発表されています。例えば、SAIVと契約しているKlein Johnson Groupは毎月の顧問費用は25,000ドル(約250万円)とはべつに、10,000 XRP(約60万円)で支払われます。

 

SAIVのロビーイング活動に対してXRPで報酬を支払う目的について、リップル社のクリス・ラーセン氏は、「報酬をXRPで支払う目的は、XRPを介して仮想通貨業界に実際に触れてもらうことです。」と語っています。XRPからドルへの転換に関して、規定されているロビー活動報告書で公表した上で実施する意向を示しています。

 

また、リップルの最新情報やその他のニュースについて知りたい方は、【リップル(XRP/Ripple)のニュース、最新情報まとめ】を参考にしていただければと思います。

 

リップルの関連記事
特徴、仕組みリップル(Ripple/XRP)とは?特徴や仕組み
将来性リップル(XRP)の将来性、今後の価格はいくらまで上がる?
取引所、買い方リップル(XRP)の取引所おすすめランキング!買い方や購入方法
ウォレットリップル(XRP)のおすすめのウォレット!日本語対応や安全性で比較!

 

参考記事はこちら

LINE@バナー_648_200

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【急上昇!】コインチェック(coincheck)


東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【1位】ディーカレット


大手企業IIJグループが運営の安心感。取引手数料無料!



【2位】ビットバンク


仮想通貨取引量国内No.1・セキュリティ国内No.1!中級者以上に人気の取引所!

【3位】GMOコイン


一部上場企業GMOインターネットグループのグループ会社で安心・安全!販売所形式で初心者でも簡単にリップルなどの人気銘柄の売買ができる!



おすすめの記事